【レビュー】 HP ENVY 15-k000

k000 001

こちらのモデルは現在販売終了となっています。
最新のHPのノートパソコンはこちら⇒HPのBTOノートパソコン

HP ENVY 15-k000シリーズはHPの15.6インチノートパソコンの中でもスペックが高めなモデルです。

ラインナップは「スタンダード・フルHD」「パフォーマンス・フルHD」「プレミアム・フルHD」という
3種類のラインナップが用意されています。

すべてのラインナップでフルHD(1920×1080ドット)の高解像度液晶が採用されていますので、
画質の綺麗さが特徴的な15.6インチノートパソコンとなっています。

HP Pavilion 15-k000(レビュー機)のスペック

機種名 HP ENVY 15-k001TU スタンダード・フルHDモデル
価格 89,800円(税別)? レビュー機のスペックの場合(10月2日現在)
OS Windows 8.1 Update (64ビット)
CPU インテル Core i5-4210Uプロセッサー
メモリ 8GB
記憶装置 1TB ハイブリッド・ハードドライブ(8GB NAND内蔵)
光学ドライブ ブルーレイディスクドライブ
ディスプレイ 15.6インチワイド フルHDディスプレイ (1920×1080)
グラフィックス インテル® HD グラフィックス 4400
重量 約2.4kg(カタログ値)
バッテリー駆動時間 約5時間15分(MobileMark® 2012にて計測した数値)

※掲載しているスペックはレビュー機のスペックとなりますので、変更になる場合もありますので、
ご購入の際にはメーカーサイトにて最新の情報をご確認ください。

商品の詳細はこちら⇒HP ENVY 15-k000シリーズicon

HP Pavilion 15-k000のレビュー 15-p000との比較

先にレビュー記事を書いている同じ15.6インチノートパソコンの「HP Pavlion 15-p000」との違い
などを中心レビューしてみたいと思います。

まず、スペック面で比較してみると、前回レビューの「HP Pavilion 15-p000 ハイパフォーマンスモデル」と
価格は同じ89,800円で、スペックとしてはHP Pavilion 15-p000」はCore i7プロセッサーを搭載しているのに対して、
こちらの「HP ENVY 15-k000」はCore i5プロセッサーとなっており、さらにグラフィックスもCPU内蔵グラフィックスに
なっていますので、スペックだけで比較した場合には性能が高いのは「HP Pavilion 15-p000 パフォーマンスモデル」
ということになります。

HP ENVY 15-k000シリーズの良い点はスペック以外の付加価値です。

まずパソコンを開いて、すぐ目に入るのが特徴的な「HP コントロールゾーン™ トラックパッド」です。

k000 004

通常よりもワイドなトラックパッドとなっていて、両サイドはチャームバーなどを簡単に出すことができたり、
マルチタスクの操作ができたりと、今までのトラックパッドではできなかったWindows8の直感的な操作が
タッチパッドで操作することができるようになっています。

k000 005

セキュリティ対策として便利な指紋認証機能もHP ENVY 15-k000シリーズの特徴的な機能のひとつで、
簡単にログオン認証ができるようになっています。
ビジネス用パソコンとしても安心の機能ではないでしょうか?

k000 002

Beatsaudioシステムは15-koooシリーズにも採用されていますが、もちろん15-k000シリーズにはさらに
低音を充実させるためにサブウーファーを搭載しています。

基本スペック以外の付加価値がとても高いモデルとなっているのがお分かりいただけると思います。

さらに、CyberLink MediaEspressoという動画変換ソフトがプリインストールされていますので、
購入してすぐに動画変換などの作業ができるようになっています。

HP ENVY 15-koooのレビュー

ここからは、細かい部分のレビューをしていきたいと思います。

【HP ENVY 15-k000のデザイン】

k000 011

シルエットは15-p000シリーズとほぼ同じデザインとなっていますが、カラーはシルバーとなっています。
写真ではアルミボディーのようなカラーとなっていますが、実際にはやや濃い目のグレーです。

k000 009

飽きのこないシンプルなデザインでプライベート用としてもビジネス用としても
幅広く使うことができます。

【HP ENVY 15-k000のキーボード】

k000 006

キーボードはアイソレーションタイプのテンキー付きのキーボードです。

一部ボタンの幅が小さくなっている部分があります。

また、HPのノートパソコンはファンクションキーには標準設定では機能キーが割り当てられていますので、
使いづらい方はBIOS設定で機能キー割り当てを解除する必要があります。

設定方法は別ページにまとめましたのでご覧くださいませ。⇒HP Pavilion 15-p000 BIOS設定※HP Pavilion 15-p000のものですが、15-k000でも基本的には同じ設定方法です。

【HP ENVY 15-k000のディスプレイ】

HP ENVY 15-k000シリーズは標準でフルHD(1920×1080ドット)非光沢液晶が搭載されています。

本モデルはベーシックモデルでしたがフルHD液晶となっており高精細できれいなディスプレイです。

こちらもHP Pavilion 15-p000と同様に標準の設定ですとかなり青が強く、色が薄い感じがします。

ですので「HP Pavilion 15-p000 液晶の色合い調整」をご覧いただき、色の調整をおすすめいたします。

調整によって、強いと感じていた青の明るさを落とすことでかなり見やすい液晶へと調整することができました。
ノングレアなので映り込みも全く気になりませんし、発色もよい液晶でとても見やすい液晶です。

【HP ENVY 15-k000のインターフェイス】

k000 007

右側面にはブルーレイディスクドライブとUSB2.0ポート、ヘッドフォン出力があります。
k000 008
左側は奥から電源ポート、有線LAN(RJ-45)、HDMI、USB3.0×2、SDカードスロットとなっています。

普段使う用途では全く困らない内容となっています。

【HP ENVY 15-k000のサウンド】

 

HP Pavilion 15-p000はBeats Audioデュアルスピーカーが搭載されていますので、
臨場感のあるサウンドをお楽しみいただくことができるのも特徴の一つです。

 

付属のソフトで自分好みのサウンドにチューニングすることが可能です。

また、あらかじめ音楽・映画などのおすすめのチューニングも選べます。
音楽が好きな人にはたまらない仕様ではないでしょうか?

【HP ENVY 15-koooのベンチマーク】

PCMark7

k000 pcmark

CrystalDiskMark

k000 crystaldisk

CINEBENCH

k000 cinebench

ドラゴンクエストX

k000 ドラクエ

ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア

k000 ffixv

CPUがCore i5プロセッサーとなっている点とグラフィックスがCPU内蔵のインテル HD グラフィックス4400ですので、
HP Pavlion 15-p000 パフォーマンスモデルと比較すると、処理速度などのスコアはやや低くなっています。

また、3Dゲームを楽しむことは難しそうです。

HP ENVY 15-k000 レビュー まとめ

全体的に先にレビューをしているHP Pavilion 15-p000シリーズとの比較となってしまいました。

HPの15.6インチのノートパソコンを購入しようと考えている方はこの2機種で迷うかたも多いと思いますが、
コストパフォーマンス重視で選ぶならHP Pavlion 15-p000シリーズとなります。

サブウーファーの搭載された臨場感のあるサウンドや、より直感的にWindows 8.1を操作することができる
「HP コントロールゾーン™ トラックパッド」や、指紋認証機能を重視される方、また HP ENVY 15-k000シリーズは
GeForce GTX850Mまで搭載可能ですので、よりグラフィックス性能の高いノートパソコンをお求めの方におすすめの
ノートパソコンだと感じました。

15.6インチタイプのノートパソコンでもフルHD液晶搭載モデルが非常に画質がきれいですので、どちらのモデルにしても
フルHD液晶を搭載したモデルが非常におすすめです。

私が選ぶなら、サウンドもグラフィックス性能もほしいのでHP ENVY 15-k000シリーズの中でもGeForce GTX850Mを
搭載した「プレミアム・フルHDモデル」を選びます。

商品の詳細はこちら⇒HP ENVY 15-k000シリーズicon

コメント

タイトルとURLをコピーしました