【レビュー】 ドスパラ GALLERIA QF780HG

qf780 002
こちらのモデルは現在販売終了となっています。
最新のドスパラのノートパソコンはこちら⇒ドスパラのBTOノートパソコン

ドスパラ GALLERIA QF780HGを使う機会がありましたので、レビューしてみたいと思います。
まずはレビュー機のスペックです。

レビュー機のスペック

機種名 ドスパラ GALLERIA QF780HG
価格 239,980円? 9月12日現在
OS Windows 8 64bit
CPU インテル Core i7-4800MQ
メモリ 16GB PC3-12800
記憶装置 1TB HDD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 17.3インチ フルHD ノングレア液晶(1920×1080)
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX780M 4GB
重量 約3.8kg

ラインナップは数モデル用意されており、SSD+HDDの2台構成など幅広い選択肢の中から
カスタムすることが可能となっています。

またCPUをCore i7-4700MQにダウングレードすることで価格を抑えたモデルもあります。

商品やカスタマイズなどの詳細はメーカーページをご覧ください。
ドスパラ GALLERIA QF780HG 商品ページ

ドスパラ GALLERIA QF780HGのレビュー

qf780 001

【デザイン】

17.3インチタイプのハイスペックゲーミングノートパソコンということで、本体はとても大きく感じます。

普段は15.6インチタイプのノートパソコンを使用しているため、17.3インチは大きく見えます。

デザインはブラックを基調としたシンプルなデザインとなっており、トップカバーには
「GALLERIA」のロゴがあります。

【液晶】

15.6インチ HD+との比較となりますが、17.3インチフルHDですと、 Yahooトップページの文字はやや小さくなります。
しかしながら表示範囲が広いため、エクセルの作業やウェブサイトの作成などは
とてもやりやすいと感じます。

映像もきめ細かくキレイに表示されます。色合いは若干青が強いように感じますが、
作業をしていたり、ゲームをしている際に気になるほどではありません。
調整も出来ますので気になる方は調整して使うと良いと思います。

【キーボード&入力デバイス】

qf780 003

キーボードはもちろんテンキー付きの日本語キーボードが搭載されています。

qf780 012

キートップは少し凹んでおり、指にフィットしやすい構造になっています。
キーストロークも程よくうち心地は良く、使いやすいキーボードと言えると思います。

qf780 006

ブルーのLEDイルミネーション付きのキーボードとなっています。
色は変えることが出来ないのが残念ですが、雰囲気が良いキーボードです。

qf780 011

据え置きが多い17.3インチなのでマウスを使う人が多いかもしれませんが、
タッチパッドも使いやすく作られています。
指のすべりが良い表面素材となっていますし感度もちょうど良いです。
クリックボタンも独立したボタンのため、ミスクリックも少なく使いやすいです。

タッチパッドの下にはインジケーターランプが装備されています。

qf780 005

キーボード上にはファンの回転数を制御するボタンやキーボードのイルミネーションスイッチ、
機内モードやディスプレイなど簡単に変更できるようなスイッチが搭載されています。

電源ボタンにもLEDが内蔵されていて、PCの状況に応じて白やオレンジに点灯します。

【インターフェイス】

qf780 010

qf780 008

qf780 009

インターフェイスはかなり充実した内容となっており、USB3.0×3ポートを筆頭に
USBポートは合計5ポート、HDMIやD-sub、miniDisplayポートも搭載しており、
外部液晶ディスプレイなどを追加することが可能となっています。

インターフェイスとは関係ありませんが、横からみるとかなり厚みはありますね。

また、本体裏蓋を外すとmSATAポートが3ポート使用できるようになっています。

【使い心地】

第4世代 インテルCore i7-4800QM搭載モデルですので、起動直後よりかなりサクサクとした
動作となっていて、インターネットなどはストレスなく楽しむことができます。

本機はゲーミングノートパソコンですので、3Dゲームでその性能を確かめてみました。
プレイした3DゲームはBattleFeld 3(BF3)というFPSゲームで、
ビデオ性能を最高でプレイしてみました。

QF780HG BF3-1

ゲームはキャンペーンモードという1人用のモードで、Frapsというゲーム中のフレームレートを
見ることが出来るソフトを使用して快適さを試してみました。

結果はビデオモードを最高設定にしているのにも関わらず、50?60fpsほどでプレイすることができ、
キレイな映像で快適に楽しむことが出来ました。

battlefeld3は3Dゲームの中でも重たい部類に入ると思いますので、
大体の3Dゲームは快適にプレイできると思ってよいのではないでしょうか?

画面も17.3インチで小さすぎず、ノングレアですので映り込みも少ないです。

まとめ

最新の第4世代 Core i7-4800MQとGeForce GTX780Mを搭載したハイスペック使用で
動作が重めのゲームも綺麗な画質で快適に楽しむことが出来るとても素晴らしい
ゲーミングノートパソコンです。

ディスプレイも17.3インチありますのでゲームはもちろん、動画や写真の編集なども
とても作業のしやすいサイズとなっています。
表面加工はノングレアですから照明などの映り込みも少なくディスプレイは見やすいです。

家中どこでもゲームを快適に楽しみたいと考えている方には是非選択肢に入れていただきたい
ゲーミングノートパソコンだと思います。

レビュー機ではSSDは搭載されていませんでしたが、SSD+HDDの構成で
さらにレスポンスの良いマシンにカスタマイズすることも可能ですので、そちらもおすすめです。

商品の詳細はこちら⇒ドスパラ GALLERIA QF780HG

コメント

タイトルとURLをコピーしました