レビュー Lenovo(レノボ) IdeaPad Yoga 13

yoga 002
こちらのモデルは現在販売終了となっています。
最新のLenovo(レノボ)のノートパソコンはこちら⇒Lenovo(レノボ)のBTOノートパソコン

レビュー機のスペック

機種名 Lenovo(レノボ) IdeaPad Yoga 13
価格 130,200円?現在ダイレクトショップでは販売休止
OS Windows 8 64ビット
CPU インテル Core i7-3517U
メモリ 8GB PC3-12800
ストレージ 128GB SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 13.3インチ HD+(1600×900) 光沢あり
グラフィックス インテル HD グラフィックス4000
重量 約1.5kg

※価格・スペックについては、記事作成時の情報となりますので、
最新の情報と異なる場合がございますので、ご購入時にはメーカーサイトにてご確認ください。

Lenovo(レノボ) IdeaPad Yoga 13の特徴

【デザイン】

yoga 008

トップカバー、底面はシルバーですがソフトなコーティングが施してあり、肌触りはやさしい感じです。
傷や指紋などが付きにくそうな印象を受けました。

yoga 009

ディスプレイは折り返すことが出来き、タブレットとして使うことができるようになっています。

yoga 005

タブレットで使用することはできるのですが、キーボードがむき出しとなってしまう構造で、キーボードは折り返した時に無効になるようですが、タッチパッドがやや反応してしまっていました。
設定で無効にできるのかもしれませんが、そのままでは使いづらいと感じました。

yoga 003

yoga 004

【処理速度】

スペック表にもありますとおり、CPUはCore i7、メモリは8GBを搭載していますので、日常の使用は
サクサクこなすことができます。

CrystalDiskMarkでわかるとおり、記憶装置がSSDの為エクスペリエンスインディックスではデータの転送速度で7.8という高いスコアをマークしています。また、PCMark7のスコアもSSDの為高いスコアとなっています。

体感出来る早さとしては、電源OFFからの起動が約14秒、終了時間が約9秒と高速起動、高速終了となっています。
また、アプリケーションのインストールやデータの移動などもHDDと比較してかなり高速となっています。

各ベンチマーク値は下記の通りです。

?エクスペリエンスインディックス

YOGA

PCMark7

YOGA PCMark7

CrystalDiskMark

YOGA crystaldisk

【ゲーム用ベンチマーク】

タイトル
設定
スコア
モンスターハンター【大討伐】
1280×720
1910
バイオハザード 5
1280×720
14.7fps

グラフィック性能はあまり良くないようで、ゲームなどを快適にプレイするのは難しいようでした。
また、ゲームベンチ中は本体がか

【インターフェイス】

yoga 013

左側面にはHDMI、USB3.0、ヘッドホンポートがあります。

yoga 014

右側面、黄色いポートは電源ポートです。他にはUSB2.0、SDカードスロット、画面自動回転オン・オフスイッチとなっています。

USBポートが2ポートとやや拡張性には欠けます。またD-Subポートが装備されていないので、プレゼンなどで使用したいと考えているひとは注意が必要です。

【ディスプレイ】

ディスプレイは13.3インチHD+液晶(1600×900)光沢ありを搭載しています。
タッチ操作に対応した液晶で、視野角が広く、写真などもくっきりはっきり綺麗に見えます。
色合いや発色も良く、Ultrabookの中では、綺麗な液晶と言えると思います。

もちろんタッチ操作に対応していて、Windows 8がとても使いやすく感じます。特に電源の操作時に便利だと感じました。

【携帯性】

本体重量は約1.5kgと13.3インチのUltrabookの中では、特に軽い方ではありませんが実際に持ってみるとそれほどの重さは感じません。薄さは約16.9mmで全体的に均等な厚みとなっています。

カバンの中に入れておいても邪魔にならず、ストレス無く持ち運ぶことが出来ると感じました。SSD搭載しているので高速起動で使いたいときにすぐに電源を入れて使用を開始できる便利なモバイルノートパソコンです。

バッテリー駆動時間は約7.4時間と外出先でも安心して使える長さです。

yoga 010

ACアダプターは302gと軽く、他のモバイルノートパソコンと違いスリムなACアダプターを採用しています。ケーブルも必要以上に太くなく、携帯するのに便利なACアダプターとなっています。

充電時間は約2.0時間の高速充電が可能です。

携帯性はとても良いUltrabookと言えます。

【キーボードとタッチパッド】

yoga 001

キーボードは標準的な配列のキーボードです。
Ultrabook特有のストロークの短さはありますが、打ってみた感じではそれほど打ちづらさというのは感じませんでした。もちろん、ThinkPadシリーズと比べてしまえば打ちづらいキーボードとなってしまいますが、Ultrabookの中で比較すれば打ちやすいキーボードと言えます。

yoga 006

キートップはわずかに凹んでおり、指のフィット感はあります。レノボ特有のキートップの形状がタイプミスしづらくなっているようで、タイピング時にもストレスはあまり感じませんでした。

ThinkPadシリーズでは、左手側のCtrlキーのさらに左にFnキーが配列してあり、Ctrlキーを押そうと思ってFnキーを押してしまうということがありましたが、IdeaPad Yogaのキーボードは標準的なキーボードと同様に一番左にCtrlが配列されているので、使いやすいです。

右側ではEnterキーのさらに右にキーが配列されていますが、こちらはタイピング中に使いづらいと感じることはありませんでした。

yoga 007

タッチパッドは広く、使いやすいタッチパッドです。滑りやすさや感度も問題ありません。
クリックボタンも軽く軽快にクリックすることが出来ます。ただ、一体型なのでタッチパッドでのドラックなどはやりづらいことがありますが、慣れれば問題ないレベルです。

?Lenovo(レノボ) IdeaPad Yoga 13 まとめ

タッチパッドとしても使用できるUltrabookとして、いつもカバンの中に入れておいて使いたいときに使える非常に便利なノートパソコンです。

薄さや軽さ、バッテリー駆動時間もモバイル用として申し分なく、Ultrabookの中ではタイピングしやすいキーボードなどとても使いやすいです。

ディスプレイも視野角が広く高精細で搭載スペックも高いので、サクサク使うことが出来ます。

他のUltrabookと比較しても劣っている点はほとんどありませんので、販売価格は9万円ほど(2月21日現在)とやや高いですがこれほど使い易ければ後悔は無いと思います。

現在、Lenovo直販サイトでは販売を休止していますので、ご購入したい方はこちらで購入することが出来ます
IdeaPad Yoga 13 (A-PRICE 90,523円 2月21日現在)

コメント

タイトルとURLをコピーしました