【レビュー】 パソコン工房 Lesance NB S3112/T

s3112 001
こちらのモデルは現在販売終了となっています。
最新のパソコン工房のノートパソコンはこちら⇒パソコン工房のBTOノートパソコン

レビュー機のスペック

機種名 パソコン工房 Lesance NB S3112/T
OS Windows 8
CPU インテル Core i3-3217Uプロセッサー 1.80GHz
メモリ 4GB
記憶装置 500GB
光学ドライブ なし
ディスプレイ 11.6インチ HD ノングレア
グラフィックス インテル HD グラフィックス
重量 約1.25kg

パソコン工房 Lesance NB S3112/T レビュー

【デザイン】

s3112 008

天板はシンプルなデザインとなっています。
外装の素材はアルミ素材となっており、公式サイトで見るよりもピンクの強いローズピンクでした。
本体の薄さは18.5?(カタログ値)と、とても薄く作られていますので、持ち運びにはとても便利です。

s3112 009

底面もシンプルな構造で拡張性はないようです。

s3112 005

ディスプレイを一番開いた状態です。
開き具合はそれほど大きくないですが、必要十分ですね。

s3112 006

s3112 007

インターフェイスはそれほど多くないですが、USBポートは3ポート搭載されています。
外部ディスプレイへはHDMIポートのみとなっていますので、プレゼンなどで使用される方は
注意が必要かもしれません。

【キーボード&タッチパッド】

s3112 004

キーボードはアイソレーションタイプのキーボードとなっており、テンキー・バックライトはありません。

本体が薄く作られている為、キーストロークは短いのですが柔らかい打ち心地にしっかりとしたスイッチで
タイピングはしやすい印象です。

写真でもお分かりいただけるように、タッチパッドがとても大きいです。
タイピング中にタッチパッドに触ってしまうことが多いので気を付ける必要があります。

s3112 003

本来ですと「Backspaceキー」の左側には「¥キー」が配置されているのですが、この機種では
「Backspaceキー」が大きくなっており、

s3112 002

「¥キー」が「左Shiftキー」の右側に配置されています。
「Shiftキー」自体も小さくなってしまっているので、「Shiftキー」を押そうとすると「¥キー」を押してしまいます。

これは慣れてしまえば問題ないのでしょうけど、キーボードの打ち心地が良いだけに残念でした。

【性能】

Windows エクスペリエンスインデックス

S3112 エクスペリエンス

エクスペリエンスインデックスの数値です。
CPU内蔵グラフィックスの為かグラフィックスの数値は4.5とやや低めですが、
それ以外は普段使いには十分な数値となっています。

PCMark7

S3112 PCmark

PCMark7のスコアです。
低電圧版のCore i3プロセッサーを搭載していますので標準的なスコアとなっています。

CrystalDiskMark

S3112 Cristaldisk

CrystalDiskMarkは記憶装置のデータ読み書き速度を計測するベンチマークソフトです。
HDD搭載モデルとしては標準的なスコアです。

【使い心地】

 

本体は11.6インチタイプでコンパクトで薄い設計となっているので、
持ち運びという面ではとても良いです。

価格は5万円弱ですが、筺体にはアルミ素材が使われているので安っぽく見えないのは良いです。
本体のカラーがローズピンクなのが男性にはやや使いづらいのかもしれません。

上記のとおりキーボードは打ちやすいのでタイピングを多用する方でも安心です。
ただ、タッチパッドが反応してしまう点とキーの配置の違いがあるので慣れが必要です。

Webブラウジングはもちろん、動画サイトなどもサクサク楽しむことができますので、
サブノートパソコンとしてはコストパフォーマンスも高くオススメのモデルです。

商品の詳細はこちら⇒パソコン工房icon
最終更新日:2013.10.07

コメント

タイトルとURLをコピーしました