マウスコンピューター DAIV 7N | デスクトップ並みのスペックを持つ17.3インチクリエイター向けノートPC

マウスコンピューター

マウスコンピューター DAIV 7Nの特徴

マウスコンピューター DAIV 7Nは、デスクトップ向けのCPUを搭載した、最高級スペックを搭載したクリエイター向けの17.3インチノートPCです。

DAIV 7Nの基本スペック

CPUはデスクトップ向けの「インテル Core i9-11900K」、専用グラフィックスは「GeForce RTX3080 16GB」を搭載した高性能なスペックが特徴のモデルです。

ディスプレイは3840×2160ドットの4K UHD画質で、Adobe RGB比100%という色域の広いディスプレイです。4K映像を扱ったり、写真現像などの色表現にシビアなクリエイターの方にも良いディスプレイではないでしょうか。

メモリやストレージは購入時にカスタマイズが可能となっています。メモリは最大128GBまで、ストレージは4基のM.2 SSDを搭載可能で、最大8TBのSSDを搭載することが可能となっています。

Core i9-11900Kプロセッサーは8コア/16スレッドで最大5.30GHzという非常に高性能なCPUです。
キーボードはホワイトLEDバックライトが搭載されたキーボードで、テンキー付きの107キーボードを採用し、約1.8mmのストローク、約18.2mmのキーピッチとなっています。タッチパッドに指紋認証センサーが内蔵されているので、ワンタッチでパスワードを入力不要でログインが出来るようになります。

インターフェイス

インターフェイスはとても充実していてUSBポート(Type-A)が合計3ポート、Type-Cポートが2ポート、Thunderbolt3×1ポート、有線LANには「Killer Ethernet E3100」が搭載され、無線LANは「Wi-Fi6」に対応しています。

外部モニターへの対応はHDMIやMiniDisplayPortなどで本体も含めると合計4画面の4K出力に対応しています。

まとめ

デスクトップPC向けのCPUを搭載した非常に高性能なスペックを搭載した17.3インチノートPCとなっています。

デスクトップPC並みのスペックを持ち運び可能なノートPCに搭載したモデルですが、本体の重量は約4.65kgでACアダプターは280Wのアダプターを2台つなげなくてはならないので、重量は結構重たいですね。

それでも現場でこれだけの高性能なPCを使えるのは魅力的なポイントです。様々な場所でクリエイティブな作業をされるる方におすすめの17.3インチノートPCです。

DAIV 7Nシリーズ 公式サイト

マウスコンピュータ DAIV 7Nのスペック

機種名 マウスコンピューター DAIV 7N
価格 439,780円(税込)~
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i9-11900K (8コア/16スレッド/最大5.30GHz)
メモリ 32GB (16GB×2 / デュアルチャンネル)
ストレージ 1TB NVMe対応 SSD
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX3080 16GB
ディスプレイ 17.3型 4K-UHDノングレア (Adobe RGB比100%)
ワイヤレス Killer™ Wi-Fi 6 AX1650 (最大2.4Gbps) + Bluetooth 5モジュール内蔵
重量 約 4.65kg

DAIV 7Nシリーズ 公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました