HP Spectre Folio 13

HP Spectre Folio 13の特徴

HP Spectre Folio 13は、レザーのカバーをまとったヴィンテージ風のデザインの13.3インチの2in1ノートパソコンです。

レザーの中でも強度・耐久性・通気性が最高ランクとなる「フルグレインレザー」を使っていますので、レザーの優しい手触りやエイジングを楽しみながら使うことが出来る新しいデザインのノートパソコンとなっています。

左から「ノートブックモード」「メディアモード」「タブレットモード」となっており、シーンに合わせて使い方を変えることで、快適に使うことができるのが魅力的なポイントとなっています。

現在カラーバリエーションは「コニャックブラウン」一色ですが、2019年早春には「ボルドーバーガンディ」も追加されて2色から選べるようになるようです。

HP Spectre Folio 13のスペック

HP Spectre Folion 13 ベーシックモデルではインテル Core i5-8200Yという2コア/4スレッドの省電力で高性能な最新のCPUが搭載されています。さらにHP Spectre Folio 13 スタンダードモデル」となるとCore i7-8500Y」というさらに高性能なCPUが搭載されています。

そしてストレージには256GB NVMe SSDという非常に高速な読み書き速度を誇るSSDが搭載されているので、すべての操作はサクサクと快適に使うことが出来るのが特徴です。

ディスプレイは1920×1080ドットのフルHD IPS液晶。高画質で発色が良いきれいなディスプレイとなっています。タッチ対応液晶となっていて、付属のSpectreアクティブペン2を使えばメモ帳のように直接画面に書き込むことが出来るのも魅力的です。

HP Spectre Folio 13のモバイル性能

本体は厚さ17.2mm、質量は約1.48kg、バッテリー駆動時間は最大約19時間となっています。スリムなボディと持ち運びのしやすい重量、そして外出先でもバッテリーに困らない長時間駆動の設計となっています。いつでもどこでも持ち歩いて使える性能と言えると思います。

HP Spectre Folio 13のインターフェイス

インターフェイスは最新のUSB? Type-Cポートを3ポートとヘッドフォン出力/マイク入力ポートのみという割り切ったインターフェイスになっています。既存のUSBメモリーや周辺機器などは変換アダプタを使用してUSB Type-Cポートに接続する形となっています。

まとめ

レザーを使うという斬新なデザインで持っているだけで楽しくなるモバイルノートパソコンだと感じます。手触りやエイジングを楽しむのも良いです。

スペックは高性能で省電力、ストレージの読み書き速度も速いので、いつでも使いたいときに瞬時に起動してすぐ使うことが出来ます。

いつも持ち歩いて、様々な場所で使えるモバイルノートパソコンをお探しの方に非常におすすめのノートパソコンとなっています。

商品の詳細はこちら⇒HP Spectre Folio 13icon

HP Spectre Folio 13のラインナップ

機種名 HP Spectre Folio 13 ベーシックモデル HP Spectre Folio 13 スタンダードモデル
価格 169,800円?
(税別)
194,800円?
(税別)
カラー コニャックブラウン
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル® Core™ i5-8200Y プロセッサー インテル® Core™ i7-8500Y プロセッサー
メモリ 8GB
ストレージ 256GB SSD (PCIe / NVMe M.2) 512GB SSD (PCIe / NVMe M.2)
ディスプレイ 13.3インチ フルHDブライトビュー・IPSタッチ対応(1,920×1,080)
グラフィックス インテル® HD グラフィックス 615
光学ドライブ なし
バッテリー駆動時間 最大 約19時間 (MobileMark® 2014)
質量 約1.48kg

※表示されておりますスペック・価格につきましては記事掲載当時の情報となります。
最新の情報は公式サイトにてご確認をお願いいたします。

商品の詳細はこちら⇒HP Spectre Folio 13icon


HPのノートパソコン一覧はこちら

最終更新日:2019.01.28

コメント