【実機レビュー】 DELL Inspiron 15 7501 プラチナモデルをレビュー

レビュー

非常に高性能で普段使いからゲームや動画編集まで、幅広い使い方が出来る15.6インチのノートPC「DELL Inspiron 15 7501 プラチナモデル」をレビューします。

レビュー機のスペック

CPU第10世代 インテル® Core™ i7-10750H (12MB キャッシュ, 最大 5.0 GHzまで可能, 6 コア)

レビュー機 DELL Inspiron 15 7501 プラチナ 大容量メモリ&1TB SSD搭載モデル
価格 通常価格 174,980円
クーポン価格 124,483円 ~ レビュー作成時の価格
OS Windows 10 Home 64ビット
メモリ 16GB (8GB オンボード + 8GBx1 SODIMM), DDR4, 2933MHz
ストレージ 1TB M.2 PCIe NVMe SSD
グラフィックス NVIDIA® GeForce® GTX 1650 Ti 4GB GDDR6
ディスプレイ 15.6インチ FHD (1920 x 1080) 非光沢LEDバックライト ノンタッチ 広視野角 sRGB100% 8bit
光学ドライブ なし
質量 約 1.75kg~ (カタログ値)

DELL Inspiron 15 7501のレビュー

デザイン

天板はシンプルなシルバーのアルミ素材

底面も統一感のあるシルバーのアルミ素材が使われています。

DELL Inspiron 15 7501シリーズは、DELLのスタンダードノートPCの中では最上級グレードの15.6インチノートPCということで、アルミ素材を使ったボディやダイヤモンドカット加工が施されたタッチパッドなど高級感のある仕上がりとなっていますね。

ボディは厚い背面側でも18.9mmという薄型ボディを実現していて、重量も約1.75kg~という軽さで、持ち運びもしやすい15.6インチノートPCとなっています。

ディスプレイ

1920×1080ドット FHD sRGB比100%

ディスプレイは高画質のフルHD液晶で、sRGB比100%の色域の広い液晶パネルとなっています。
表面が非光沢なので照明などの映り込みも少なく、スッキリとして見やすいディスプレイとなっています。

キーボード&タッチパッド

テンキー搭載のフルキーボード

ホワイトLEDバックライト搭載

キーボードもボディカラーと同じくシルバーのキーボードとなっていて、デザイン性は良いと思います。
ホワイトLEDバックライトも搭載されているので薄暗いシーンでも視認性が良くなっています。

キーボードの打ちやすさ」は、ストロークは短いものの、打ち心地も良くて、ブラインドタッチもしやすいキーボードとなっています。
テンキーが搭載されているので数字を沢山扱う方にも使いやすい反面、一部のキーは小さくなっているので、慣れるまでは打ちずらいと感じる部分もあります。

電源ボタンには指紋センサーが搭載

電源ボタンに指紋センサーが搭載されていて、セキュリティが高いのはうれしいポイントです。

タッチパッドはボタン一体型

タッチパッドはクリックボタンが一体型のタイプです。従来よりも大きくなって操作性が良くなっています。
手のひらが触ってしまうぐらいでは反応しないので、カーソルが飛んだりしなくて使いやすいタッチパッドになっています。

インターフェイス

右側面にはUSB 3.1 Gen1とMicroSDカードリーダー

左側面には電源ポートとHDMI、USB 3.1 Gen1、USB 3.2 Gen1 Type-C/Thunderbolt 3

インターフェイスは必要最小限という印象で、有線LANや光学ドライブは搭載されていません。最新のUSB Type-Cポートは搭載されていて、無線LANはWi-Fi6という最新の規格となっています。

電源アダプター

電源アダプター

容量は130Wと大きめ

レビュー機はGeForce GTX1650Tiグラフィックスを搭載割いているモデルなので、電源アダプターが大きくなってしまうのはしょうがないことだと思います。

本体が軽くて持ち運びしやすくなったのに、電源アダプターはなかなか小さくなりませんね。

レビュー機の性能

続いては、レビュー機のスペック面と機能性、使い心地についてレビューしていきたいと思います。

基本スペックを見ていくと、CPUはノートPC用としては最高クラスの性能となる「Core i7-19750H」を搭載し、メモリは16GBに、ストレージも1TB NVMe SSDにアップされている非常に高性能なモデルとなっています。
さらにグライフィックカードには「GeForce GTX1650 Ti」が搭載されており、3Dゲームも楽しめるスペックとなっています。

ベンチマークテスト

ベンチマークテストを使ってレビュー機の性能を確かめていきましょう。

CINEBENCH R23

CINEBENCH R23

CINEBENCHはCPUの性能を計測するベンチマークテストで、スコアはマルチコアで「6263」という高いスコアとなっています。

CrystalDiskMark

CrystalDiskMark

CrystalDiskMarkはストレージの読み書き速度を計測するベンチマークテストです。

レビュー機には1TB NVMe対応SSDが搭載されているので、読み書き共に非常に速いスコアとなっています。
実際に使ってみるとアプリケーションのインストールやデータの移動が今までは比にならないぐらい速く終わるのを実感することが出来ます。

ドラゴンクエストX

ドラゴンクエストX

定番のドラゴンクエストXのベンチマークもまわしてみましたが、ドラゴンクエストXは軽いゲームなので、レビュー機ほどの性能があれば最高品質でも余裕ですね。

ファイナルファンタジーXIV

ファイナルファンタジーXIV

ファイナルファンタジーXIVはドラゴンクエストXよりも重い3Dゲームとなりますので、グラフィックカードが搭載されていないノートPCではなかなか良いスコアは出ませんが、レビュー機には「GeForce GTX1650Ti」というグラフィックスカードが搭載されているので、最高品質でも「非常に軽快」というスコアとなりました。

PUBG(PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS)

PUBG グラフィック設定

手持ちのゲームの中でも比較的重めなPUBGを試してみました。
画像のグラフィック設定は、インストールした際の自動の設定です。この状態でのプレイは特にカクつくことなくプレイすることが出来ました!

New Inspiron 15 7000シリーズ(7501) 公式サイト

Inspiron 15 7501の使い心地

Inspiron 15 7501を使ってみて思ったことを書いていきたいと思います。

まずデザインは、シンプルなシルバーのデザインで、使いどころを選ばない何にでも使えるデザインとなっていると思います。そして薄くて軽いのは15.6インチノートPCを持ち運ぶ際にとても良いと感じました。

スペック面では、スタンダードタイプのノートPCの中では最高グレードのスペックを搭載しているので、普段使いが快適なのは間違いありませんが、ゲームや動画編集なども快適にこなせる性能となっています。データの読み書き速度の速さには本当に驚きますよ!

ひとつ心配になったのはゲームをしている最中はキーボード面のディスプレイ側、ファンクションキーのあたりが結構高温になっていたので、長時間ゲームをするならノートPC用クーラーなどがあったほうがより安心できる気がしますが、Inspiron 15 7000シリーズは、低温や高温での耐久性テストやヒンジやボタン、キーなどの耐久性テストもしっかりと行われているモデルなので、心配し過ぎかもしれませんね。

DELL Inspiron 15 7501 レビュー まとめ

従来の15.6インチノートPCよりも軽量でコンパクトなボディに、高性能なCore i7プロセッサーやGeforce GTX1650Tiグラフィックスを搭載した、ハイスペックな15.6インチノートPCです。

本体は薄型軽量で持ち運びもしやすく、スペックはとても高いので普段使いからゲーム、動画編集など負荷が高い作業も快適にこなすことが出来ます。

シンプルなデザインは場所を選ばないので、自宅や会社でも「これ1台で何でもこなしたい」という使い方にもピッタリのモデルです。

DELL Inspiron 15 7000シリーズには、レビュー機以外にもCore i5プロセッサーを搭載してコストを抑えたモデルなどもありますので、ここまでのスペックは必要ないという方にも選びやすいモデルとなっています。

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました