【実機レビュー】 DELL Latitude 12 7000

lati12 7000 001

こちらのモデルは現在販売終了となっています。
最新のDELLのノートパソコンはこちら⇒DELLのBTOノートパソコン

DELLの法人向けモバイルノートPCの「Latitude 12 7000シリーズ」をレビューします。

レビュー機のスペック

機種名 DELL Latitude 12 7000 プレミアムモデル
価格 146,980円? (記事執筆時の価格)
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i5-6300Uプロセッサー
メモリ
4GB
ストレージ 128GB M.2 SSD
グラフィックス インテル HD グラフィックス 520
ディスプレイ 12.5インチ HD 非光沢液晶
光学ドライブ なし
質量 約1.26kg

※表示されておりますスペック・価格につきましては記事掲載当時の情報となります。
最新の情報は公式サイトにてご確認をお願いいたします。

商品の詳細はこちら⇒New latitude 12 7000 シリーズ(2016年1月20日発売)

DELL Latitude 12 7000 レビュー

【デザイン】

lati12 7000 008

DELLの法人向けノートPCのLatitude 12 7000シリーズには、タブレット部とキーボード部に分割して使うことが出来る2in1ノートPCの「Latitude 12 7000 2 in 1」もラインナップされていますが、こちらのモデルは

lati12 7000 009

背面もシンプルなブラックで冷却用の吸排気口は多めとなっています。
メモリなどに簡単にアクセスできる窓などは用意されていないようです。

【キーボード&タッチパッド】

lati12 7000 004

キーボードは標準的な配列のアイソレーションキーボードで、テンキーは搭載されていません。

キーピッチなども標準的でブラインドタッチをしていて不便と感じることはありません。

lati12 7000 006

法人向けのLatitudeシリーズなのでキーボードの打ち心地にもこだわられているようで、打鍵感のとても良いキーボードだと感じました。また、キートップも指にフィットするようにカーブしていて打ち間違いも少ないように感じました。

lati12 7000 005

タッチパッドはクリックボタンが独立したタイプで、非常に使いやすいです。

【ディスプレイ】

lati12 7000 001

ディスプレイは標準的な1366×768ドットのHD画質の非光沢液晶が採用されています。
馴染みのある解像度ですので、インターネットや文書作成などの作業はやりやすいですが、反面フルHDなどの綺麗な動画をオリジナルの画質で表現することが難しいので、その点は注意が必要かもしれません。

表面は非光沢となっていますので、映り込みなども少なくシーンを選ばずに見やすいディスプレイと言えます。

【インターフェイス】

lati12 7000 002

右側面にはSIMカードスロットやUSB3.0、SDカードスロット、ヘッドフォンジャックが搭載されています。

lati12 7000 003

左側面にはインターフェイスは搭載されてません。

lati12 7000 010

インターフェイスは背面に多く搭載されていて、有線LANポートやHDMI、Displayport、USB3.0ポートなどが搭載されています。

【電源アダプター】

lati12 7000 011

電源アダプターは薄型で小型のものとなっていますが、接続するケーブルは結構しっかりとした太さがあり、ちょっと残念です。

DELL Latitude 12 7000 ベンチマークテスト

PCMark 8

pcmark

3DMark

3dmark

CINEBENCH

cinebench

CrystalDiskMark

crystaldisk

DELL Latitude 12 7000のレビュー まとめ

DELLの法人向けのモバイルノートパソコンの「Latitude 12 7000シリーズ」ですが、個人向けのInspironシリーズなどとの一番の違いは耐久性の高さにこだわられている点ではないでしょうか?

本モデルは米国軍用規格にも使用されるMIL-STD810Gというテストに合格する堅牢性を持っていますので、毎日の持ち運びによる使用にも耐えられるようになっています。

また、キーボードやタッチパッドなども使いやすい仕様となっていますので、レポート作成などタイピング作業を多用するかたにもとてもおすすめです。

12,5インチというコンパクトなボディにCore i5プロセッサーと読み書き速度の非常に速いM.2 SSDを搭載していますので、普段の操作はとてもサクサクと快適に行うことが出来ます。ただ、レビュー機のプレミアムモデルでは128GBのストレージだったのですが、OSなどをインストールされた初期の状態で残りが80GBほどとなっていましたので動画や音楽、写真などをたくさん保存するような使い方は難しいかもしれません。

重量は約1.28kg、薄さ18.85mmと毎日カバンの中に入れて持ち運ぶことが出来るサイズとなっていますので、外出先でもバリバリ使われるビジネスマンにおすすめのモデルだと感じました。

Core i3プロセッサーを搭載してお求めやすいモデルやCore i7プロセッサーと256GB SSDを搭載した高性能なモデルもラインナップされていますので、使い方に合わせて選ぶことが出来ます。

商品の詳細はこちら⇒New latitude 12 7000 シリーズ(2016年1月20日発売)

コメント

タイトルとURLをコピーしました