【レビュー】 HP (ヒューレット・パッカード) 1000-1402TU

1000-010

HP 1000-1400TUを使ってみましたので早速レビューさせていただきます。

レビュー機のスペック

まずはレビュー機の構成を見ていきたいと思います。
レビュー機はカスタマイズされたモデルですので、詳細ページのラインナップとは、
価格が異なる場合がありますので、最新の情報は詳細ページをご覧ください。

機種名 HP(ヒューレット・パッカード) 1000-1400
価格 59,850円 (10月30日現在 レビュー機と同等スペックの価格)
OS Windows 8 64ビット
CPU インテル Core i5-3230Mプロセッサー
メモリ 4GB
記憶装置 320GB HDD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 14.0インチ HD 光沢液晶
グラフィックス インテル HD グラフィックス4000
重量 約2.2kg(標準モデルのカタログ値)

※レビュー機はカスタマイズされており、標準モデルのスペックとは異なります。

ラインナップとしてはCeleronプロセッサーを搭載したモデルやCore i3を搭載したモデルが
販売されていますが、本モデルは中でも一番スペックの高いCore i5を搭載したモデルでした。

メーカー詳細ページ⇒HP 1000-1400 Notebook PCicon

【デザイン】

1000-002

ブラックを基調としたデザインで天板とパームレストは光沢のブラックにHPのロゴがプリントがされています。

このHPのロゴが大きいので好き嫌いは分かれるかもしれませんがデザインとしてみれば悪くないです。
LEDなんかついていたらもっと良いかもしれませんがエントリーモデルだけに無理でしょうか。

1000-008

ディスプレイの開き具合ですが、それほど開かない設計になっています。
使いづらさはありません。

【キーボード&タッチパッド】

1000-009

キーボードは普通のアイソレーションタイプのキーボードとはデザインが少々違い段が
ついていますが、アイソレーションタイプのキーボードとなっています。

キーボードはストロークもありノートパソコンとしては普通の打ち心地で、たわみは多少あるものの
タイピングしていて気になるほどではないので、打ちやすいキーボードだと感じます。

右側の「Deleteキー」や「homeキー」などの配置が特殊ですが、これは慣れれば問題ありません。

1000-004

トップカバーは平で表面はサラサラしていますので、指にフィットするような感触はないですが、
滑ってミスタイプするような形状ではありません。

またHPのノートパソコン特有のファンクションキーが機能キーとなっていてるので
F7でカタカナ変換やF10でローマ字変換などを多用する方で使いづらい方は設定を変更しましょう。
設定の変更の仕方は「HP 1000-1400の機能キーを変更」をご覧ください。

設定を自分仕様に変更すれば全般的には打ちやすいキーボードであると感じました。

1000-003

タッチパッドは表面が凸凹していて、滑りが程よい感じです。パッドの広さもちょうどよく
感度も良いので、とても使いやすいタッチパッドだと感じました。
使いづらいタッチパッドが多いなかこのモデルのタッチパッドはかなり使いやすい部類に入ります。

ちなみに左上に凹みがありまして、そちらをダブルタッチするとタッチパッドをOFFにすることができますので、
マウスなどを接続する際に誤入力防止でタッチパッドをOFFにしたいときにすぐにOFFに出来るので
とても重宝します。

【インターフェイス】

1000-006

右側面には光学ドライブとUSB2.0ポートが2つ、電源コネクターが搭載されています。

1000-005

左側面にはD-sub、有線RANポート、HDMI、USB2.0ポート、オーディオポート、
SDカードスロットが搭載されています。

コストパフォーマンス重視のモデルですので、USB3.0など最新のインターフェースには
対応していないようです。

【ベンチマークと性能】

エクスペリエンスインディックス

1000 エクスペリエンス

CrystalDiskMark

1000 Crystaldisk

ドラゴンクエストX

1000 ドラクエ

ファンタシスターオンライン2

1000 PSO2

ファイナルファンタジーXIV

1000 FF14

ゲームのベンチマークもテストしてみましたが、やはりグラフィックスが搭載されていないので、
3Dゲームは厳しいようです。唯一ドラゴンクエストXは「普通」の判定でしたが、実際には
画質などを調整しないと難しそうです。

使い心地としてはCore i5を搭載しているため、インターネットやメールなどの普段使いは
サクサクとしており、性能の高さを感じることが出来ます。

Youtubeなどの動画サイトも読み込みも早く快適です。

14.0インチで重量2.2Kgとモバイル性としてはそれほど高くないですが、車での移動がメインなら
どこにでも持ち運びすることができます。

ディスプレイはHD(1366×768)で標準的な解像度ですが、14.0インチのディスプレイには
丁度良い解像度ではないでしょうか?
発色・視野角とも標準的な液晶という印象です。

インターフェイスなど必要最低限な設計になっているところもありますが、
普段使いとしては十分な性能と感じました。
この性能で5万円台で購入することが出来るコストパフォーマンスはとても魅力的だと感じます。

安くて性能の良い14.0インチをお探しの方におすすめのノートパソコンです。

商品の詳細はこちら⇒HP 1000-1400 Notebook PCicon

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする