薄くて軽く持ち運びに便利な「HP Stream 14-z000」をレビュー

z000 001
こちらのモデルは現在販売終了となっています。
最新のHPのノートパソコンはこちら⇒HPのBTOノートパソコン

HPより新しくラインナップされた新シリーズ「Streamシリーズ」から持ち運びに便利な14.0インチノートパソコンの「HP Stream 14-z000」をレビューしたいと思います。

HP Stream 14-z000(レビュー機)のスペック

機種名 HP Stream 14-z000
価格 39,800円(税別)? 12月15日現在)
OS Windows 8.1 Update (64ビット)
CPU AMD A4 Micro-6400T APU (1.00GHz-1.60GHz, 2MB L2キャッシュ)
メモリ 2GB
記憶装置 AMD A4 Micro-6400T APU (1.00GHz-1.60GHz, 2MB L2キャッシュ)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 14.0インチワイドHDブライトビュー・ディスプレイ (1366×768)
グラフィックス AMD Radeon™ R3 グラフィックス
重量 約1.6kg(カタログ値)
バッテリー駆動時間 約 6時間 30分(カタログ値)

※掲載しているスペックはレビュー機のスペックとなりますので、変更になる場合もありますので、ご購入の際にはメーカーサイトにて最新の情報をご確認ください。

商品の詳細はこちら⇒HP Stream 14-z000
icon

HP Stream 14-z000 の レビュー

あたらしいstreamというブランドの14-z000はモバイル性に特化するためにタブレットに近いスペックとなっているのが特徴な14.0インチのモバイルノートパソコンとなっています。

【デザイン】

z000 008

アルミ素材を使ったスタイリッシュなデザインとなっていて、とても39,800円で購入できるノートパソコンとは思えない高級感があると感じます。

本体も最厚部で20mmと、とても薄くて無駄なものが極力排除されているのだろうと感じます。

z000 004

底面もスッキリしたでざいんとなっています。
ネジで止まっていますが、自分でパーツを増設したりするのは難しそうですね。

また、ファンレス仕様となっていますのでパソコン特有の起動音も無いので、回りを気にせずにどこでもノートパソコンを使うことができる点も魅力的です。

【インターフェイス】

z000 002

インターフェイスも必要最小限の内容で、右側面にはUSBポートが2つと電源ポート。

z000 003

左側面にはHDMIポートとUSBポート、ヘッドホン出力とカードスロットはSDカードではなくMicroSDカード対応となっています。

また光学ドライブは搭載されていません。

【キーボード】

z000 006

キーボードはアイソレーションキーボードでモバイルノートパソコンとしてはストロークもしっかりとあり、打ち心地は良いほうではないでしょうか?

z000 007

ただ、配列が少し特殊でエンターキーの右側にHOMEキーやENDキーなどが配置されています。またdeleteキーが右上の隅なのが個人的には使いづらいと感じるところでした。

配列は慣れれば問題ないのかもしれませんので、全体的にはストレスなく使えるキーボードだという印象です。

HPのキーボードはファンクションキーには機能キーが割り当てられていますので、使いづらい方はBIOS設定から設定を変更する必要があります。ファンクションキーの設定はこちらをご覧ください。

【タッチパッド】

z000 009

タッチパッドは一体成型のタイプで左、右クリックの仕切りがありませんので、右クリックをするときに境目がわからないので間違えてクリックしてしまうことがありますが、左クリックはタッチパッドの真ん中あたりでも認識してくれますのでその点は便利ですね。

すべり、感度ともに良く操作は良いです。

【ベンチマーク】

WIN SCORE SHARE

14z000 winscoreshare

PCMark7

14z000 pcmark7

CINEBENCH

z000 cinebench

CrystalDiskMark

14z000 crystaldiskmark

ドラゴンクエストX ベンチマーク

14z000 dorakue

HP Stream 14-z000 レビュー まとめ

AMD A4-Micro-6400Tというプロセッサーを搭載し2GBメモリという高くないスペックですのが、39,800円という価格で、軽くて薄いモバイルノートパソコンを買うことができる点は非常に驚きです。

価格がとても安いので処理速度が気になるところでしたが、結果的にはWebブラウジングやストリーミング動画の再生などなどの通常使用では、まったく問題ありませんでした。

ベンチマークで見ていただいてもわかるようにフラッシュメモリの読み書き速度が速いために、アプリケーションの起動なども速いので、逆にサクサク動くと感じるほどです。

ただ、やはり32GBフラッシュメモリは容量が少なくてOSインストール後の残りの容量は10GBほどですので、動画や写真、音楽などを保存するとすぐいっぱいになってしまいますので、付属のSkyDriveやMicroSDカードなどを活用してなるべく本体には保存しないという工夫は必要だなという感じはします。

外出先でメールのチェックやレポート作成などをする際にはやはりタブレットでは役不足な場面もありますがStream 14-z000を使えば、OSはWindowsですし、USBを使うことができますので拡張性も良く仕事も捗るのではないでしょうか?

動画やゲームなどの高負荷のかかる作業をされる方には、もう少しスペックの高いノートパソコンが必要ですが、インターネットやメールチェック、レポート作成などがメインなら価格も安くとてもおすすめのモデルです。

商品の詳細はこちら⇒商品の詳細はこちら⇒HP Stream 14-z000icon

コメント

タイトルとURLをコピーしました