【実機レビュー】 HP ENVY 750-080JP/CT

750-080 001
こちらのモデルは現在販売終了となっています。
最新のHPのノートパソコンはこちら⇒HPのBTOノートパソコン

HPの誇るハイエンドグレードのBTOパソコン「HP ENVY 750-080jp」です。インテル Core i7-4790Kプロセッサー、Z97チップセット、GeForce GTX980を搭載したハイスペックBTOパソコンとなっています。

レビュー機の主なスペック

機種名 HP ENVY 750-080jp/CT
価格 225,800円?(ベースモデルからレビュー機のスペックにアップグレードした場合・税抜き)
OS Windows 8.1 Pro Update 64bit
CPU インテル® Core™ i7-4790K プロセッサー
メモリ 16GB
ストレージ 256GB SSD + 1TB HDD×2
チップセット インテル Z97 Express チップセット
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX980
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ

※表示されておりますスペック・価格につきましては記事掲載当時の情報となります。
最新の情報は公式サイトにてご確認をお願いいたします。

商品の詳細はこちら⇒HP ENVY 750-080jp/CP 公式ページicon

HP ENVY 750-080jp/CTの外観

750-080 002

フロントパネルはヘアライン加工が施されたアルミ素材を使っていて高級感を演出しています。HPのロゴは鏡面使用で角度によってはキラキラ光ります。

750-080 010

フロントパネル中央部の扉の中に光学ドライブが搭載されています。オプションでブルーレイディスクドライブも搭載可能。

750-080 006

本体上面に電源ボタンと左からUSB3.0ポート×2、USB2.0ポート×2、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート、SDカードスロットが搭載されています。

ポートの前はストレージボックスのようになっていて、USBメモリーやSDカードなどを置いておくことも可能となっています。

750-080 005

背面です。USBポートはデスクトップパソコンとしては少な目な印象を受けますが、前面のUSBポートが充実していますので問題ないと思います。ディスプレイポートはグラフィックボードに搭載されており、マルチディスプレイ化することも可能となっています。

 

750-080 003

本体右側は吸気用のメッシュが程よい大きさに配置されています。

750-080 004

パソコンの内部へのアクセスは自作パソコン用などの一般的なPCケースとは逆の右側からとなっています。

内部のマザーボードも通常とは逆さの配置となっています。電源部が上部、マザーボードが下部に配置されています。裏配線はできないようですが配線はキレイにまとめられていて空気の流れを邪魔しないようになっていました。

750-080 011

高性能なグラフィックボードになると背面側のネジ一本では自重を支えきれず、PCI Expressポートなどにも負担がかかりますが、フレームでグラフィックボードを支えられるようになっている点はハイグレードなグラフィックスボードを搭載する者としては非常にうれしいポイントです。

750-080 007

3.5インチベイは内部に3スロット、フロントパネルを外したところに1スロットの合計4スロット用意されていて本機には256GB SSD、1TB HDD×2ポートの搭載となっています。

750-080 008

CPUが最下部に配置される使用になっています。

750-080 009

電源効率の良い80PLUS BRONZE認定を受けた最大出力500Wの電源が搭載されています。

HP ENVY 750-080jp/CTの性能

パソコンの性能をわかりやすく表すためにベンチマークソフトを使い性能を数値化しています。

PCMark8

750-080 PCMark8

PCMark8はインターネットや動画、ビデオチャット、ショッピングなどの日常的な使用を想定としたパソコンの総合的な性能を測るベンチマークソフトです。

本機の総合スコアは4979で高い数値だと言えます。

CINEBENCH R15

750-080 CINEBENCH

CINEBENCHはCPUの性能を測るベンチマークソフトです。

CrystaldiskMark

CrystalDiskMarkはストレージの読み書き速度を計測するベンチマークソフトです。

750-080 crystaldisk

Windows 8.1がインストールされているSSDのスコアです。下のHDDと比較しても非常に速いことがわかります。

750-080 crystaldisk E

こちらは大容量の1TB HDDの読み書き速度です。HDDとしては標準的かやや早い速度となっています。

WINSCORE SHARE

WINSCORESHAREは各パーツを数値化したベンチマークソフトです。Windows 8.1からWindowsエクスペリエンスインディックスが無くなりましたのでこちらで代用しています。

750-080 winscore

ゲーム用のベンチマーク

レビュー機にはGeForce GTX980という高級グレードのグラフィックカードが搭載されていますので、ゲームのベンチマークソフトも試してみました。

ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア

750-080 FF

ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼアのベンチマークソフトですが、フルスクリーンの最高品質にしましたが「15922」という非常に高いスコアとなりました。

バトルフィールド4

bf4 2015-08-23 00-04-41-86

バトルフィールド4にはベンチマークソフトがありませんでしたので実際にプレイしながら、フレームレートのスコアを見てみました。

bf4 2015-08-22 22-43-50-85

まずはグラフィッククオリティー「最高」で試してみます。レビューにはリフレッシュレート144Hzに対応したディスプレイを使いましたのでスクリーン解像度は1920×1080ドット 144Hzにしてマルチプレイを試してみました。

ステージによってFPSの値はかなり前後しますが90FPSから最高では130FPS以上となるときもあり、とても快適に高画質でバトルフィールド4を楽しむことができました。普段使っているパソコンでは「中」設定ですが、最高画質でのプレイは画質もキレイで立体感があり、本当にその場にいるような戦場の臨場感を味わうことができました。

HP ENVY 750-080jp/CTのレビュー まとめ

最高級グレードのCPUとグラフィックボードを搭載し、ストレージには読み書き速度の速いSSDを搭載していますので、使った印象としてはすべての動作が非常に早いです。各種アプリケーションやゲームのインストールや起動がとにかく早く感じます。

ヘアライン加工を施したアルミ素材を使ったフロントパネルがシンプルながら高級感を演出したHPらしいデザインとなっていると思います。

これだけの性能を搭載していながら、本体のサイズはコンパクトになっていますので、「性能は高くしたいがなるべくコンパクトなデスクトップがよい」という方に最適のBTOパソコンではないでしょうか?

コンパクトなボディとなっているため、後からのカスタマイズはストレージとメモリぐらいしかできませんので、購入時にカスタマイズすることをおすすめいたします。

商品の詳細はこちら⇒HP ENVY 750-080jp/CP 公式ページicon


コメント

タイトルとURLをコピーしました