【実機レビュー】 HP Slimline 450-020jp/CT

slimline 450 0001

ビュー機 HP Slimeline 450-020jp/CTの主なスペック

機種名 HP Pavilion 550-040jp/CT
価格 47,800円?(ベースモデルからレビュー機のスペックにアップグレードした場合・税抜き)
OS Windows 8.1 Update 64bit
CPU インテルCeleron G1840
メモリ 4GB
ストレージ 500GB HDD
チップセット インテル H87 チップセット
グラフィックス NVIDIA GeForce GT710 2GB
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ

※表示されておりますスペック・価格につきましては記事掲載当時の情報となります。
最新の情報は公式サイトにてご確認をお願いいたします。

商品の詳細はこちら⇒HP Slimeline 450-020jp/CT メーカーページicon

レビュー機 HP Slimline 450-020jp/CTのデザイン

slimline 450 0002

場所をとらないスリムタイプのBTOパソコンです。
フロントには光学ドライブ、ヘッドホン出力、SDカードスロット、USBポート×2が搭載されています。

slimline 450 0003

レビュー機はオプションのGeForce GT710グラフィックスを搭載したモデルでしたので、DVIとHDMI出力に対応していますが、グラフィックボードを搭載していないモデルですとHDMI出力しかありませんので、D-Subポートのみのディスプレイですと変換アダプターなどが必要になりますので、注意が必要です。

slimline 450 0004

本体左側面です。吸気用の通気口はありません。

slimline 450 0005

本体左側です。CPU付近とPCIスロット付近に通気口が開いています。

slimline 450 0011

上面もメッシュとなっていますので、空気の通りは良さそうです。

slimline 450 0006

本体内部です。

slimline 450 0007

スリムタイプのBTOパソコンとしては標準的な配置となっています。

slimline 450 0009

少し見づらいですが、手前側に光学ドライブ、その裏側にHDDが搭載されています。また、メモリの左側にmSATA SSD用のスロットが用意されていますので、mSATA SSDも搭載することが可能です。

slimline 450 0010

 

slimline 450 0012

レビュー機にはオプションのNVIDIA GeForce GT710が搭載されています。

slimline 450 0008

電源には80PLUS BRONZE認証を受けた180Wの電源が搭載されています。

 

レビュー機 HP Slimline 450-020jp/CTの性能

各種ベンチマークソフトを利用してパソコンの性能を数値化しています。

WINSCORESHARE

winscore

PCMark8

レビュー機でPCMark8を実行しようとしたところエラーとなってしまいスコアを測定することはできませんでした。

3DMark

3dmark

CINEBNCHI

cinebench

CrystalDiskMark

crystaldisk

ドラゴンクエストX

draque

1280×720ドットの標準画質ですと「とても快適」となります。

draque2

フルHD画質ではスコアは4000で「普通」となりました。

ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア

ff

ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼアのベンチマークでは1594というスコアで、プレイすることは厳しそうな結果となりました。

レビュー機 HP Slimline 450-020jp/CTの使用感

レビュー機はインテル Celeron G1840 プロセッサー(2コア/2スレッド/2.8GHz)、4GBメモリ、500GB HDDというエントリークラスのスペックを搭載したモデルとなっています。Webブラウジングや動画視聴で使用した感じでは快適に使うことができましたが、Core i5プロセッサーなどを搭載した処理性能の高いパソコンと比較すると、アプリケーションの起動時に一呼吸の間があるような印象を受けます。また、アプリケーションのインストール作業や圧縮データの解凍作業の時間はやや時間がかかりますが、上記の使い方では快適に使うことができましたしストレスに感じることもあまりありませんでしたので、普段使い用としては良いパソコンだと感じます。

レビュー機にはGeForce GT710というグラフィックスボードが搭載されていましたが、ベンチマークの結果のようにタイトルによってはプレイすることが難しいゲームもあるようです。

HP Slimline 450-020jp/CTの一番の魅力はベースモデルなら44,800円?(税抜)で購入できてしまうコストパフォーマンスの高さとスリムなボディですから、省スペースでも性能が高く、コストパフォーマンスが高いパソコンがほしい方や24インチなどのノートパソコンよりも大きな画面で作業したい方などには非常におすすめです。

他にも処理速度の速いCore i3-4170プロセッサーを搭載したモデルやCore i7-4790Tプロセッサーを搭載したモデルなども用意されていますので予算に余裕がある方はそちらもおすすめです。

商品の詳細はこちら⇒HP Slimeline 450-020jp/CT メーカーページicon

コメント

タイトルとURLをコピーしました