【実機レビュー】 Lenovo Legion 750i | 最高スペックの15.6インチゲーミングノートPC

Lenovoレビュー

Lenovoの高性能なゲーミングノートPCの「Lenovo Legion 750i」をお借りすることができましたので、私なりのレビューを書いていきたいと思います。

Lenovo Legion 750iは、イルミネーションが各所に搭載されたゲーミングPCらしいデザインの筐体に、ゲーミングノートPCとしては最高級グレードとなるCPUやグラフィックボードを搭載した、ハイスペックゲーミングノートPCとなっているのが大きな特徴です。

Lenovo Legion 750iのデザイン・外観

まずは本体のデザインと外観からチェックしてみましょう!

本体カラーはブラックとがんメタリックの2色からなる重厚感のあるデザインだと感じます。材質はアルミ素材のようですね。

ディスプレイヒンジは従来の位置よりもやや前側になっており、背面側と左右側面に大きなヒートシンクと排気口が設けられています。

底面はブラックで大きなメッシュが設けられており、そのメッシュからツインファンが見えていて冷却効率の高そうな設計となっているのが見受けられます。

Legion 750iのイルミネーション

Legion 750iは背面側と底面側、そしてキーボードのバックライト、天板の「Legionロゴ」にそれぞれフルカラーLEDが搭載されているのが、外観の一番の特徴です。

背面側の排気口は上から下に向かってLEDが搭載されています。

底面側はネオンライトのようなライン状のイルミネーションが搭載されています。

天板のLegionロゴは「O」の文字にイルミネーションが搭載されています。

キーボードにもフルカラーLEDのバックライトが搭載されていてカラフルに光らせることが出来ます。

各イルミネーションは付属の「iCUE」というアプリで色や光り方を設定することが出来ます。
この「iCUE」というソフト、初見だと使い方がわかりづらいです。^^;

キーボード&タッチパッド

キーボードはテンキー付きのキーボードとなっています。

キーボードはストロークこそ短いものの、キーピッチも標準的で打ち心地も良く、ブラインドタッチもしやすいキーボードとなっています。ゲームで使っても全く不安のないキーボードだと感じました。

キーボード右側の一部のキーとテンキーは少しサイズが小さいということもありますが、これは慣れてしまえば全く問題ない部分だと感じます。

キーボードのバックライトで面白い機能がありまして、Fnキーを押すとFnキーのショートカットキーだけが点灯する仕組みになっていて、使えるショットカットがとても分かりやすいです。

FnLock機能も便利で、ショートカットキーを多用したいときロックしておけばいちいちFnキーを押さなくてもショートカットが使えるようになっています。

タッチパッドはクリックボタンが一体型のタッチパッドとなっています。
ゲーミングノートPCなので、タッチパッドよりもマウスを使う方が多いと思いますが、普通に使いやすく、手のひらが触れてカーソルが飛んでしまうな誤作動もない使いやすいタッチパッドだと思います。

ディスプレイ

Leigon 750iは非常に高性能なディスプレイが搭載されているのも特徴的です。

ディスプレイのサイズは15.6インチで、解像度は1920×1080ドットのフルHD画質です。
ディスプレイは最大240Hzリフレッシュレートに対応した、非常に滑らかな映像を出力可能で、さらにsRBG比100%という色域の広い液晶となっています。

とにかく高画質でどの角度からも見やすくて色合いのきれいな液晶となっていまして、FPSゲームなどの動きの速い映像はとても滑らかなディスプレイとなっているのが特徴です。

このディスプレイを使ったら標準的な60Hzの液晶ではゲームできないぐらいに性能が違います!

インターフェイス

ゲーミングノートPCにとって周辺機器との接続は重要ですね。

Legion 750iはインターフェイスはほとんどが背面側に搭載されていまして、左右は必要なものだけになっているようですね。

左側面にはUSB Type-Cポートと音声出力のみが搭載されています。

右側面にはUSBポートのみの搭載となっています。

そして背面側にHDMIや有線LAN、USBポート、電源ポートなどが搭載されています。

SDカードスロットは搭載されていないようです。

電源アダプター

電源アダプターは結構大きめサイズで、重量も908gほどという重さとなっていました。

Legion 750iのスペック

今回のレビュー機の「Lenovo Legion 750i」はLenovoのゲーミングノートPCの中でも、最上級クラスのモデルで、スペックの高さだけではなく、機能性も高いモデルとなっているのが特徴的です。

機種名 Lenovo Legion 750i RTX2080super搭載
価格 通常価格 469,480円
クーポン価格 262,909円 ~ レビュー作成時の価格
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-10750H プロセッサー
メモリ 32GB
ストレージ 約1TB NVMe SSD
グラフィックス GeForceRTX2080 Super
ディスプレイ sRGB比100%のIPS液晶 解像度は1920×1080
240Hzリフレッシュレート対応
重量 本体 約2.2kg 電源アダプター 908g (実測値)

スペックはノートPCの中でも最上級のスペックとなっていますので、すべての動作がとにかく早いのが体感できます。

Lenovo Legion 750iシリーズには、レビュー機のように「RTX2080 Super」を搭載したモデル以外にも「RTX2060」や「RTX2070 Supe」を搭載したモデルも販売されていますので、自分に合ったスペックのゲーミングノートPCを買うことが出来ます。

詳しくは⇒Lenovo Legion 750i 公式サイト

レビュー機の基本スペック

レビュー機のLegion 750iには非常に高性能な「Core i7-10750Hプロセッサー」という6コア12スレッドのCPU、32GB DDR4メモリ、1TB NMVe SSD、「GeForce RTX2080 Super」のグラフィックカードなど、ノートパソコン用としては最高級グレードとなるパーツが搭載されています。

デスクトップPCにも迫るほどのスペックとなっていますので、力不足を感じることは少ないと思います。

ベンチマークテスト

性能を客観的に比較できるようにいくつかのベンチマークテストを試してみました。

CINEBENCHI

CIENBENCHというCPUの性能を計測するベンチマークテストです。
レビュー機のCPUはインテル Core i7-10750Hプロセッサーという6コア12スレッドの高性能なCPUで、スコアも高いですね。

Crystaldiskmark

Crystaldiskmarkはストレージの読み書き速度を計測するベンチマークソフトです。

レビュー機には「NVMe SSD」という読み書き速度が非常に速いSSDが搭載されていて、読み込みは秒速3201MB、書き込みは秒速3074MBの非常に高いスコアとなっていました。

実際に使ってみてもデータの移動やインストールの速度などが非常に速いので、待ち時間などが短くてサクサクと使えるスペックとなっているのがわかります。

ドラゴンクエスト X

レビュー機はノートPC用としては最高グレードとなる「NVIDIA GeForce RTX2080 Super」というグラフィックカードを搭載したゲーミングノートPCですから、ゲーム用のベンチマークソフトも試してみました。

ドラゴンクエストXは比較的スペックの低いゲーミングノートPCでもプレイ可能な軽めのゲームですので、最高品質でも全く問題なく「すごく快適」という評価となりました。実際にベンチマーク中の映像を見ても高画質できれいな映像となっていました。

ファイナルファンタジーXIV

PCゲームの中でも人気のタイトルとなる「ファイナルファンタジーXIV」もベンチマークソフトが用意されていますので、試してみました。

こちらも最高品質設定で回しましたが、「非常に快適」という評価となりました。

PUBG

上記のベンチマークテストの他にもPUBGというバトルロワイヤルゲームをプレイしてみましたが、非常に快適で、画面も滑らかなので索敵やエイムが合いやすいと感じました。

処理性能もさることながら240Hz対応のディスプレイはとても魅力的ですね。

Lenovo Legion 750iの使い心地

実際の使い心地としては、上の方でも書かせていただきましたが、ゲーム中はとても映像が滑らかなのが魅力的に感じました。

もちろん、最高級グレードの性能があってこそ240Hzリフレッシュレートの液晶が活きる訳なので、「GeForce RTX2080 Super」と「Core i7-10750H プロセッサー」の性能はとても素晴らしと思います。

筐体やキーボードに設置されているイルミネーションは、ノートパソコンにはあまりない「ゲーミングPCらしさ」を演出してくれる部分で、とてもカッコいいポイントです。タイピングもしやすくなっているのは流石Lenovo製と言ったところでしょうか。

ゲーミングノートPCということで、高性能なスペックとしっかりとした冷却機構が搭載されているので、本体重量は約2.2kgとやや重め。電源アダプターも908gとなり、持ち運びするのには少しつらいかもしれません。

それでもこの性能を外出先で使えるのは非常にうれしいことで、ゲーム以外にも動画編集やRAW現像などクリエイティブな作業を快適に行いたい方にもおすすめの15.6インチノートパソコンです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました