Lenovo Yoga Slim 750i Carbon | 966gという軽量ボディの最新13.3インチモバイルノートPC

Lenovo(レノボ)

Lenovo Yoga Slim 750i Carbon の特徴

非常に薄型軽量なボディに最新の第11世代のインテル Core iプロセッサーを搭載した高性能で薄型軽量な13.3インチのモバイルノートパソコンが発売となりました。

薄型・軽量なボディ

Lenovoから発売された「Lenovo Yoga Slim 750i Carbon」は、ホワイトカーボンとマグネシウムシャーシを使うことで、厚さ14.25mm(最薄部)という薄さと、約966gという軽量なボディを実現しているのが特徴の13.3インチモバイルノートパソコンです。
バッテリー駆動時間は約14時間と長時間で1日中使えるバッテリーとなっています。

また、ボディはただ薄くて軽いだけでなく「MIL-STD-810G」という米軍調達基準に準拠する「ミリタリーグレード」となっています。様々な耐久性のテストを行った耐久性の高いモデルとなっているので、毎日安心して持ち運ぶことが出来そうです。

最新の高性能なスペック

Lenovo Yoga Slim 750i Carbonは、スペックの高さも魅力的なノートパソコンです。

基本スペックには、最新の第11世代の「インテル Core i5-1135G7 プロセッサー」と、8GBメモリ、512GB SSDを搭載しており、さらに上位モデルには「Core i7-1165G7 プロセッサー」を搭載したモデルもラインナップしています。Core i7モデルは16GBメモリ、1TB SSDとさらにパワーアップしていますので、処理性能や保存容量を必要とする方におすすめです。

高画質なディスプレイ

Yoga Slim 750i Carbonはディスプレイの画質もとても良いのが特徴です。
ディスプレイは2560×1600ドットという標準的なフルHD画質よりもさらに高解像度のIPS液晶が搭載されていますので、非常に高精細できれいな映像を楽しめるディスプレイとなっています。

インターフェイス

Yoga Slim 750i Carbonは薄型軽量モデル故にインターフェイスは限定的となっています。左右側面に搭載されているのはUSB 3.1 Type-CポートとThuderbolt4ポート×2、ヘッドフォンジャックのみで、従来のUSBポートやHDMIポートなどは搭載されていません。

変換ケーブルなどを使うことによってUSBメモリーなどを使うことは可能なのですが、無線マウスなども変換コードを使うかBluetoothマウスを使ったりしなくてはなりません。

インターフェイスの少なさは少し注意が必要かもしれませんね。

まとめ

まずは13.3インチのモバイルノートパソコンで1kgを切る非常に軽量なボディとなっていること、そしてそのボディは「ミリタリーグレード」という堅牢性の高いボディとなっていること、さらに最新の高性能なCPUやストレージを搭載していることなど、非常に魅力的な13.3インチのモバイルノートパソコンとなっています。

インターフェイスの少なさが気にならない方には今一番おすすめの13.3インチモバイルノートパソコンです。

 

マウスコンピューター G-Tune P5シリーズのラインナップ

機種名 Lenovo Yoga Slim 750i Carbon
ムーンホワイト
82EV003FJP
Lenovo Yoga Slim 750i Carbon
ムーンホワイト
82EV003CJP
価格 販売価格 140,470円
クーポン適用価格
120,932円~ (税込)
販売価格 173,470円
クーポン適用価格
152,717円~ (税込)
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i5-1135G7 プロセッサー インテル Core i7-1165G7 プロセッサー
メモリ 8GB LPDDR4X 16GB LPDDR4X
ストレージ 512GB SSD (PCIe NVMe/M.2) 1TB SSD (PCIe NVMe/M.2)
ディスプレイ 13.3型 2.5K IPS液晶 光沢なし (2560x1600、約1,677万色、16:10)
グラフィックス インテル Iris Xe グラフィックス
ワイヤレス Wi-Fi 6対応 (IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n準拠)
重量 約 966g
バッテリー駆動時間 約 14.0時間

※表示されておりますスペック・価格につきましては記事掲載当時の情報となります。最新の情報は公式サイトにてご確認をお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました