【レビュー】 Lenovo (レノボ) ThinkPad T440s

t440s 002
こちらのモデルは現在販売終了となっています。
最新のLenovo(レノボ)のノートパソコンはこちら⇒Lenovo(レノボ)のBTOノートパソコン

Lenovo(レノボ)のThinkPad T440sというUltrabookをレビューします。

レビュー機のスペック

機種名 Lenovo (レノボ) ThinkPad T440s スペシャルパッケージ
価格 197,820円(税込) お得な割引クーポンはこちら
OS Windows 8 64ビット
CPU インテル Core i7-4600U (2コア/4スレッド/1.80?3.00GHz)
メモリ 8GB
記憶装置 256GB SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 14.0型 FHD液晶 (1920 x 1080 IPS 300nit)
グラフィックス NVIDIA Geforce GT 730M (ドッキングコネクターなし)
重量 約1.74kg (実測値)
バッテリー駆動時間 最大約10.4時間 (カタログ値)

ThinkPad T440s レビュー

【デザイン】

t440s 010

t440s 011

外観はブラックを基調としたデザインで、シンプルなのですがシンプルさの中に、
高級感があるような印象で「ビジネス向けモデル」にとてもふさわしいデザイン
という印象を受けます。
また、これぞThinkPadというデザインでもあります。

【ディスプレイ】

t440s 002

ThinkPad T440sには1600×900ドットの解像度のモデルとフルHD(1920×1080ドット)の
解像度のモデルが用意されています。
今回のレビュー機はフルHD(1920×1080ドット、IPS 300nit)という液晶を搭載したモデルでした。

発色や色合いなども結構キレイな液晶パネルが使われています。
表面はノングレアとなっていますので、照明などの映り込みも少なくて、シーンを選ばず見やすい
ディスプレイという印象を受けました。

タッチパネルも搭載されていますので、インターネットなどはマウスやタッチパッドも使わずに
快適に楽しむことが出来ます。

そして驚いたのはディスプレイのヒンジです。

通常ですと開くのが軽いディスプレイの場合、指でタッチした際にディスプレイがブレたり動いたり
することがあるのですが、ThinkPad T440sの場合、開くのはとても軽くて開きやすいのに
指でタッチしてもブレが少ないのが素晴らしいと感じました。

タッチパネルが非常に操作しやすいUltrabookです。

【キーボード】

t440s 003

ThinkPadシリーズは打ちやすいことで有名ですが、T440sもストロークも長く、打鍵感も
良いので、本当に良いキーボードだと感じます。

ThinkPadシリーズのレビューを書くときにはいつも書いてしまうのですが、
本当に「いつまでも打っていたい」と思ってしまうキーボードなのです。

バックライト付になっているので、薄暗いシーンでもキーの視認性は良く見やすいです。

t440s 004

近くで見ると、表面は湾曲していて指にぴったりフィットするように設計されています。

また、アイソレーションキーボードなのですが、形状が他のメーカーのキーの形とは異なります。

ミスタイプを減らすためにこの形になったそうで、使いやすいキーボードになっています。

t440s 005

ThinkPadファンの方の為にトラックポイントも健在です。

このモデルではタッチパネルになっているので、出番は少なくなってしまいましたが、
マウスなどが使いづらいときに重宝します。

t440s 006

タッチパッドはパッド全体がクリックボタンになった新しいタッチパッドが採用されました。

全体がクリックされてしまうので、最初はクリックしたい位置がずれてしまったり、右クリックが
うまくできなかったりと、戸惑うこともあったのですが、使っていくとカーソルを操作しながらそのままクリック出来たり、
今までは指2本使わなければ出来なかったドラックなども一本で出来ますし、これはこれで使いやすいタッチパッド
だと感じるようになります。

?【インターフェイス】

t440s 009

t440s 008

インターフェイスも充実していまして、D-Subポート、mini-displayポートなど
外部ディスプレイへの出力も柔軟に対応することが出来ますし、有線LANも
直接さすことが出来ますので、出張先のホテルなどでも重宝しそうです。

光学ドライブは搭載されていませんので、必要な方は外付けドライブなどが必要ですね。

【機能性&携帯性】
t440s 007

指紋認証もありセキュティ対策も万全です。

t440s 012

Thinkpad E440sは、取り外しの出来ない内蔵バッテリーの他に取り外し可能な
外付けバッテリーを取り付けられる珍しいかたちのUltrabookとなっています。

外付けバッテリーの方は、電源オンの時でもバッテリー交換が可能なので、
いざという時も安心です。
2つのバッテリーで使用できる時間は、最大 約10.4時間と非常に長時間使えますので、
バッテリーの残量を気にしながら使う心配はしなくてよいので安心ですね。

t440s 013

ディスプレイの解像度やタッチ対応ディスプレイなどオプションによって軽いモデルでは
重量 約1.59kgからとなっていますが、フルHDマルチタッチディスプレイを搭載した
レビュー機は約1.74kgと14.0インチモデルのUltrabookの中でもとても軽いとまでは
言えない重量となっています。

機能や使いやすさが素晴らしいのでこの上、超軽量というのは求めていないのですが、
少しだけ残念に思います。

t440s 014

ACアダプターの方は薄型のタイプが採用されていて鞄の中にも入れやすい
ようになっていました。

【ベンチマーク】

Windowsエクスペリエンスインディックス

t440s エクスペリエンス

PCMark7

t440s PCMark7

CrystalDiskMark

t440scrystaldiskmark

CINEBENCH

t440s cinebench

最新のCPUとSSDを搭載したUltrabookなのでベンチマークソフトのスコアは
他のUltrabookなどと比較しても高めのスコアとなっています。

【ゲーム用ベンチマーク】

本モデルは、NVIDIA GeForce GT730Mを搭載したモデルなので、
ゲーム用のベンチマークソフトも回してみました。

ファイナルファンタジーIXV

t440s FF14

ドラゴンクエストX

t440s DQ1t440s DQ2

ファイナルファンタジーXIVもドラゴンクエストXもUltrabookで楽しむにはハードルが高い
ゲームのようでして、設定を下げればどうにかプレイはできるものの快適に楽しむことは
難しいようでした。

Lenovo (レノボ) ThinkPad T440s レビュー まとめ

ディスプレイの綺麗さやキーボードの打ち心地などノートパソコンの使いやすさという面では、
他のUltorabookと比較しても相当良い性能を持ったUltrabookだと感じるモデルです。

重量の問題などもありますが、解像度の高さやマルチタッチ対応のディスプレイ、
2つ搭載することが可能なバッテリーや厳しい品質テストをクリアした堅牢性など
欠点をおぎなって余りある魅力的なUltrabookではないでしょうか?

ThinkPadシリーズはビジネス向けのパソコンという位置づけですがビジネスだけでなく、
普段使い、プライベート用としてもとても快適に使えるのではないでしょうか?

これから14.0インチタイプのUltrabookを買おうと考えている方には、是非選択肢に
入れていただきたいモデルです。

商品の詳細はこちら⇒Lenovo (レノボ) ThinkPad T440s

コメント

タイトルとURLをコピーしました