【実機レビュー】 Lenovo YOGA Slim 750i 14

Lenovoレビュー

Lenovo YOGA Slim 750i 14 のスペック

レビュー機のスペックをチェックしていきます。

レビュー機は第10世代のインテル Core i7プロセッサーを搭載していますが、現在公式サイトで販売されているモデルは、最新の第11世代のインテル Core i7プロセッサーを搭載したモデルも販売されているので、新しい「Core i7-1165G7 プロセッサー」を搭載したモデルの方がおすすめです。

レビュー機 Lenovo YOGA Slim 750i 14
価格 販売価格 170,170円
クーポン価格 123,416円(税込・送料無料) ~
OS Windows 10 Home 64bit
CPU インテル Core i7-1065G7プロセッサー
メモリ 16GB LPDDR4X 3200
ストレージ 512GB SSD,M.2 PCIe-NVMe
グラフィックス インテル Iris Plus グラフィックス
ディスプレイ 14.0インチ FHD IPS 光沢なし LEDバックライト 1920×1080ドット
光学ドライブ なし
質量 約 1.36kg (カタログ値)

Lenovo YOGA Slim 750i 14 公式サイト

Lenovo YOGA Slim 750i 14 のレビュー

デザイン

Lenovo YOGA Slim 750i 天板の画像

カラーはスレートグレー

Yoga Slim 750iは、非常にコンパクトで薄型な筐体となっているのが魅力的な14インチのモバイルノートパソコンです。

ボディはアルミ素材で作られており質感は良いと感じます。
重量は約1.36kgと軽量で持ち運びしやすい重量となっています。

本体カラーは「スレートグレー」という落ち着いたカラーでプライベート用だけでなくビジネス用としても使いやすいカラー・デザインだと感じます。

Yoga Slim 750i 14の底面の画像

底面も統一感のあるスレートグレー

底面側もアルミ素材を使った統一感のあるデザインとなっており、吸気ポートが設けられています。

排気ポートはキーボードとディスプレイの間に設けられています。

ディスプレイの開き具合は180度ほど

Yogaシリーズというと360度回転可能なディスプレイのイメージがありますが、「Yoga Slim 750i 14」は180度までとなっています。通常使うノートPCとしては180度開くと自由度が高くて使いやすいと感じます。

キーボード&タッチパッド

Lenovo特有のキー形状でタイピングしやすいキーボード

キーボードは独特のキー形状のタイピングしやすいキーボードとなっています。キーの押し心地もとても良くて、キーピッチも標準的なのでブラインドタッチもしやすいキーボードとなっています。

タッチパッドはクリックボタンが一体型のタッチパッド

タッチパッドはクリックボタンが一体型のタッチパッド。デザインがスッキリしていて、感度や触り心地も使いやすいタッチパッドです。

スピーカーはキーボード面に

スピーカーがキーボードの左右に配置されているので、音がダイレクトに届き聞きやすいサウンドとなっています。

スピーカーから音を出して楽しみたい方にはとても良いです。

ディスプレイ

IPS液晶を搭載したディスプレイ

ディスプレイは1920×1080ドットのフルHD画質です。

IPS液晶を搭載しているので発色もキレイなディスプレイです。非光沢液晶なので照明などの映り込みも少なく場所を選ばず作業がしやすいディスプレイとなっています。

インターフェイス

左側面にはUSBポート×2とMicroSDカードスロットが搭載

右側面には給電用のポートとHDMI、USB Type-C、音声入出力ポートが搭載

インターフェイスはスタンダードな装備となっていて、よくある薄型モデルだとUSBポートが無いモデルもありますが、左側に2ポート搭載されているので、マウスとUSBメモリーのように複数のデバイスが使用可能ですね。

Thuderbolt4などの最新のポートは搭載されていませんが、必要十分のインターフェイスと思います。

電源アダプター

スタンダードタイプの電源アダプター

電源アダプターはスタンダードな電源アダプターが搭載されています。
コンパクトで持ち運びもしやすい電源アダプターとなっています。

Lenovo Yoga Slim 750i 14のベンチマークテスト

レビュー機の性能をベンチマークテストを使って計測してみました。

CINEBENCH

CrystalDiskMark

ドラゴンクエスト X

新しい「インテル Iris Plus グラフィックス」という内蔵グラフィックスのおかげかCPUの性能の高さか、ドラゴンクエストXはとても快適に楽しむことが出来そうです。

ファイナルファンタジーXIV

ファイナルファンタジーXIVになると内蔵グラフィックスで快適に楽しむのは厳しそうです。評価では「やや快適」となっていますが、実際の動作は厳しそうです。

Lenovo Yoga Slim 750i 14 レビュー まとめ

Lenovo Yoga Slim 750i 14を実際に使ってみて感じたことを書いていきたいと思います。

まず、14.0インチディスプレイを採用した本体は、古い15.6インチノートを常用している私にとっては非常にコンパクトで、約1.32kgのボディはとても軽量に感じました。

14.0インチサイズで約1.32kgの重量は、現行モデルとしては標準的になりつつあり、日々持ち歩く方や軽さを求める方だともっと軽いモデルはありますが、車での移動が多い方やコストパフォーマンスを求める方にはとても良いモデルではないかと思います。

ディスプレイは1920×1080ドットのフルHD IPS液晶で表面は非光沢となっているので、スッキリとしてとても見やすいディスプレイとなっています。そしてディスプレイは180度開くヒンジなので、使いやすいのも魅力的です。

基本スペックにインテル Core i7プロセッサーと、読み書き速度の非常に速いNVMe SSDが搭載されているので、起動からアプリケーションのインストールやデータの読み書き、インターネットなど非常にサクサクと軽快に使うことが出来るようになっています。

現行モデルでは第10世代のCoreプロセッサーを搭載したモデルと、第11世代のCoreプロセッサーを搭載したモデルが両方販売されているのですが、価格がそれほど変わらないので第11世代のCoreプロセッサーを搭載したモデルの方が断然おすすめです!

普段使っている15.6インチと比較すると、画面は確かに小さくはなりますが使いづらさは無いので持ち運びの手軽さ重視するなら14.0インチも良い選択ですね。

LenovoのThinkPadシリーズには及びませんが、Yogaシリーズのキーボードもタイピングしやすいキーボードが搭載されているので、タイピングを多用するかたにもいいノートパソコンだと思います。

Lenovo Yoga Slim 750i 14は、高性能なスペックと必要十分な機能性を搭載したコストパフォーマンスの高い14.0インチノートパソコンだと感じます。使いやすさと予算を両立できるおすすめの14.0インチモバイルノートパソコンです。

Lenovo YOGA Slim 750i 14 公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました