【実機レビュー】 Lenovo Legion 550pi | RTX2060グラフィックス搭載の15.6インチゲーミングノートPC

Legionシリーズ Lenovo(レノボ)

Lenovo Legion 550Piのレビュー

LenovoのLegion 550Piをお借りしましたので、レビューしていきたいと思います。

前回は「Lenovo Legion 750i」という最上級グレードの15.6インチゲーミングPC」をレビューしていますので、上級モデルをご検討の方はそちらもご覧ください。

【実機レビュー】 Lenovo Legion 750i | 最高スペックの15.6インチゲーミングノートPC
Lenovoの高性能なゲーミングノートPCの「Lenovo Legion 750i」をお借りすることができましたので、私なりのレビューを書いていきたいと思います。 Lenovo Legion 750iは、イルミネーションが各所...

デザイン

メタリックグレーの天板とパームレスト、ブラックの底面という2色のデザインとなっています。

天板上部には光る「Legionロゴ」がゲーミングPCらしさを演出しています。

上位モデルのLegion 750iと似たデザインとなっていますが、底面部分は素材がプラスティックに代わっていて、コストを削減しているところも見受けられました。

Legion 750iにはイルミネーションがボディ全体に配置されていますが、Legion 550Piにはイルミネーションは無く、「Legionロゴ」と「キーボードのバックライト」にホワイトLEDが搭載されています。

キーボード&タッチパッド

キーボードはテンキー搭載のアイソレーションキーボードとなっています。

ホワイトLEDのバックライトで視認性が良くなっていますね。

テンキーが搭載されているので数字を打つ時には便利ですが、一部のキーが小さくなっているので好みがわかれるところかもしれませんね。

キートップに少しカーブがあり指にフィットする形状になっているので、タイピングがとてもしやすいと感じます。一部のキーはサイズが小さい部分もありますが、これは慣れれば全く問題ないと思います。

タッチパッドはクリックボタンが一体型となったスタイリッシュなタッチパッドです。
手のひらを被せ気味にタイピングしてみましたが誤作動しない使いやすいキーボードとなっています。
ピンチイン、ピンチアウトや2本指でのスクロールなどにも対応しています。

インターフェイス

Legion 550Piのインターフェイスは左右側面にはUSBポートを搭載し、がさばりそうな映像出力ポートや有線LANポートなどを背面側に配置してるのが特徴です。

背面側には有線LANやHDMIポートのほかUSB Type-Cポートなどが搭載されています。

電源アダプター

電源アダプターは230Wタイプなので結構大きめです。重量は900gほどあります。

Lenovo Legion 550pi 公式サイト

レビュー気のスペック

まずはレビュー機のスペックをチェックしていきましょう!

機種名 Lenovo Legion 550Pi  RTX2060搭載
価格 通常価格 268,180円
クーポン価格 160,908円 ~ レビュー作成時の価格
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-10750H プロセッサー
メモリ 16GB
ストレージ 1TB NVMe SSD
グラフィックス GeForceRTX2060 6GB
ディスプレイ 15.6インチ フルHD IPS液晶 1920×1080ドット 非光沢 144Hz
重量 本体 約2.3kg 電源アダプター 908g (実測値)

レビュー機はノートPC用としてはハイパフォーマンスモデルとなる「インテル Core i7-10750H」を搭載し、メモリは16GB、ストレージには読み書き速度の非常に速いNVMe SSDが搭載されています。そしてゲーム用グラフィックスには「NVIDIA GeForce RTX2060」を搭載した本格ゲーミングノートPCとなっています。

Lenovo Legion 550piは最安モデルでは9万円台~という価格で購入することができる15.6インチゲーミングノートPCとなっていますので、低予算でもゲームを楽しみたい方にも対応できますし、本格的なゲーミングスペックも安く購入できるのが特徴のモデルとなっています。

ベンチマークテスト

Legion 550Piの性能をいくつかのベンチマークテストで計測しました。

CIENBENCH

CIENBENCHはCPUの処理性能を数値化するベンチマークテストです。

レビュー機のLegion 550piにはハイパフォーマンスタイプの「Core i7-10750H」を搭載しているので、数値も高いスコアとなっています。

 

CrystalDiskMark

CrystalDiskMarkはストレージの読み書き速度を測るベンチマークソフトです。

Legion 550piに搭載されているストレージは非常に読み書き速度の速いNVMe対応SSDとなっていますので、読み込み速度は「3402MB/s」という速さとなっています。

通常のHDDだとだいたい100MB/sぐらいですから非常に速いことがわかります。

 

ドラゴンクエストX

ファイナルファンタジー XIV

Legion 550piは「GeForce RTX2060グラフィックス」を搭載したゲーミングノートPCなので、ゲーム用のベンチマークも試してみましたが、「ドラゴンクエストX」や「ファイナルファンタジーXIV」クラスのゲームなら、最高画質にしても快適に楽しむことが出来そうです。

PUBG

人気のバトルロイヤルゲームの「PUBG」は、インストール時は画像のような画質設定となっており、「高」設定にしても快適に楽しむことが出来ました。

PUBGは索敵がしづらいゲームですが、Legion 550piはディスプレイが144Hz対応ディスプレイとなっているので、ゲーム中の画像が滑らかで索敵もしやすかったのが印象的です。

使い心地

Legion 550Piを実際に使用してみた感想としては、CPUの処理性能とストレージの読み書き速度の速さで、普段使いが非常にサクサクと軽快な動作となっていました。アプリのインストールなんかも一瞬で終わるぐらい速い動作となっています。

「GeForce RTX2060グラフィックス」を搭載しているので、ゲームも非常に快適に楽しむことが出来ますし、144Hzリフレッシュレート対応のディスプレイが、滑らかな映像でゲームをさらに快適に楽しませてくれます。

キーボードはさすがLenovoという印象で、指にフィットするタイピングのしやすいキーボードと、ホワイトLEDバックライトの視認性の良さでとてもとても快適です。

ゲーム以外にも使い心地の良い高性能な15.6インチノートパソコンとなっています。外出先で動画編集などの負荷の高い作業をされるかたにもおすすめです。

 

Lenovo Legion 550pi 公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました