Lenovo (レノボ) ThinkPad E590

Lenovo (レノボ) ThinkPad E590の特徴

Lenovo ThinkPad E590はレノボの法人向けのベーシックモデルの15.6インチノートパソコンです。

スペック

第8世代のインテル Core iプロセッサーの中でも最新のナンバーのCPUを搭載したモデルで、「Core i3-8145U」「Core i5-8265U」「Core i7-8565U」というプロセッサーを搭載したモデルがラインナップされていて、それぞれメモリやストレージなどをカスタマイズすることができるBTOノートパソコンとなっています。

ストレージは読み書き速度の速いSSDや1TBの大容量HDDが搭載されていますが、カスタマイズすることでSSDとHDDを両搭載することができます。1TB HDDを搭載したプレミアムモデルには「インテル Optane メモリー」というキャッシュ用のストレージが搭載されていて、通常のHDDよりもレスポンスの良いストレージを価格を抑えて実現しています。

さらにプレミアムモデルにはAMD Radeon RX550グラフィックスが搭載されていて、軽めのゲームなどのグラフィックス性能が必要なアプリケーションも使うことができます。

ディスプレイはスタンダードモデルでは1366×768ドットのHD液晶、パフォーマンスモデルプレミアムモデルでは、1920×1080ドットのフルHD液晶が搭載されています。

キーボード&ダッチパッド

ThinkPadシリーズと言えば打ち心地の良いキーボードを搭載していることで有名なブランドです。また、キーボード中央にある「トラックポイント」はキーボードから手を離さずにマウス操作ができるポインティングデバイスで、マウスが使いづらいシーンではとても便利なデバイスとなっています。

機能性

ThinkPad E490はビジネス向けのノートパソコンということで、セキュリティチップや指紋センサーなどを搭載し、高いセキュリティ性となっています。

また、様々な使用環境を想定した厳しい基準のテストにより、耐久性の高い設計となっているのもThinkPad E590の魅力です。

インターフェイスは、HDMIや有線LAN、USBポートなど必要最低限の装備となり、その分とてもスリムなボディを実現しています。

まとめ

ThinkPad E590はコストを抑えつつしっかりとした処理性能とセキュリティ性能、耐久性などを搭載したビジネス向けのベーシックな15.6インチノートパソコンとなっています。

上位モデルの「ThinkPad T580シリーズ」ではさらなるセキュリティオプションや、インターフェイス、高画質な液晶パネルなどの機能が充実していますが、そういった機能が必要なければThinkPad E590は非常におすすめの15.6インチノートパソコンです。

商品の詳細はこちら⇒Lenovo ThinkPad E590

Lenovo (レノボ) ThinkPad E590のラインナップ

機種名
<300台限定>
ThinkPad E590
スタンダード
<300台限定>
ThinkPad E590
パフォーマンス・FHD搭載
<200台限定>
ThinkPad E590
プレミアム・FHD搭載
<300台限定>
ThinkPad E590
スタンダード オフィス搭載
価格 クーポン適用価格
57,024円?
(税込)
クーポン適用価格
84,326円?
(税込)
クーポン適用価格
97,459円?
(税込)
クーポン適用価格
95,386円?
(税込)
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i3-8145U インテル Core i5-8265U インテル Core i7-8565U インテル Core i5-8265U
メモリ 4GB DDR4 2400MHz 8GB DDR4 2400MHz
ストレージ 128GB M.2 SSD 256GB M.2 SSD 1TB HDD
グラフィックス インテル UHDグラフィックス 620 AMD Radeon RX550 2GB インテル UHDグラフィックス 620
ディスプレイ 15.6型HD液晶 (1366×768 TN) 非光沢 15.6型FHD液晶 (1920×1080 IPS) 非光沢
光学ドライブ なし
重量 約2.1kg?
バッテリー駆動時間 最大 約14.3時間

※上記モデル以外にも多数ラインナップがございます。価格やスペックは記事掲載当時の情報となります。最新の情報についてはメーカーサイトにてご確認ください。

商品の詳細はこちら⇒Lenovo ThinkPad E590


最終更新日:2019.08.28

コメント