HP Victus 16 (AMD) | ちょうどいいスペックの16インチゲーミングノートPC

HP(ヒューレット・パッカード)ゲーミングノートPC

HP Victus 16 (AMD)の特徴

HPから「Victus 16」という新しいゲーミングノートPCが発売となります。インテルCPUとRyzenCPUを搭載したモデルがそれぞれ販売されていて、このページではRyzen搭載モデルについてまとめています。

基本スペック

ラインナップは現在3種類でRyzen 5とGeForce GTX1650グラフィックスを搭載した「モデレートモデル」、最新の専用グラフィックスGeForce RTX3050を搭載した「モデレートプラスモデル」、Ryzen 7とGeForce RTX3060グラフィックスを搭載した「アドバンスモデル」などが販売されています。

ディスプレイは従来の15インチと変わらないサイズに16インチの少し大きめのディスプレイを搭載しているのが特徴です。解像度は1920×1080ドットのフルHD液晶で144HZリフレッシュレートに対応した滑らかな映像となっています。

144HzリフレッシュレートモニターはFPSゲームなどの動きの速い対戦ゲームではとても有利に戦うことが出来る必須とも言える機能ですが、高画質なゲームを144FPS出すためにはスペックの高さも必要となりますので、そういったゲームを快適に楽しみたい方にはRyzen 7とRTX3060グラフィックスを搭載した「アドバンスモデル」がおすすめです。

CPUの比較

CPU 性能
Ryzen 5 5600H 6コア/12スレッド/3.3GHz-最大4.2GHz
Ryzen 7 5800H 8コア/16スレッド/3.2GHz-最大4.4GHz

新しいデザイン

Victus 16はホワイトを基調としたスタイリッシュなデザインが特徴的ですね。ゲーミングノートPCというとブラックのボディのモデルが多いので、個性的なホワイトボディのゲーミングノートPCは魅力的ですね。

インターフェイスは良く使うUSB Type-Aポートが3ポート、USB Type-Cポートが1ポート、映像出力のHDMIポート、有線LANポートとなっています。無線LANは最新のWi-Fi6に対応しています。

まとめ

HP Victus 16は、16インチという従来よりも少し大きめのディスプレイを搭載したゲーミングノートPCです。ミドルスペックからミドルハイスペックまで搭載スペックを選ぶことが出来るので、使い方やプレイしたいゲームに合わせて購入することが出来るのが魅力です。

従来のゲーミングノートPCは価格も高めで、本体も大きいモデルが多かったですが、「HP Victus 16」では従来のスタンダードノートPCに近いサイズにゲーミングスペックを搭載しています。

普段使いにもゲームにも使えて、持ち運びもしやすい。ちょうどいいスペックのゲーミングノートPCをお求めの方にとてもおすすめのモデルとなっています。

HP Victus 16 (AMD) 公式サイトicon

HP Victus 16 (AMD)のラインナップ

機種名 HP Victus 16 (AMD)
モデレートモデル
HP Victus 16 (AMD)
モデレートプラスモデル
HP Victus 16 (AMD)
アドバンスモデル
価格 132,000円~ (税込) 154,000円~ (税込) 209,000円~ (税込)
OS Windows 10 Home(64bit)
※Windows 11へ無料でアップグレード対象製品
CPU AMD Ryzen 5 5600H AMD Ryzen 7 5800H
メモリ 8GB DDR4-3200MHz 16GB DDR4-3200MHz
ストレージ 512GB SSD (PCIe Gen3×4 NVMe M.2)
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1650 Laptop NVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop NVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop
ディスプレイ 16.1インチワイド・フルHD非光沢・IPSディスプレイ(144Hz、1920×1080)
ワイヤレス IEEE 802.11ax (Wi-Fi 6)、 Bluetooth 5.2
重量 約 2.46kg 約 2.48kg
バッテリー駆動時間 最大 8 時間 30 分
価格やスペックは記事掲載当時の情報となります。最新の情報についてはメーカーサイトにてご確認ください。

HP Victus 16 (AMD) 公式サイトicon

コメント

タイトルとURLをコピーしました