【実機レビュー】 Lenovo Yoga C740 (14) | 高性能な14.0インチノートPC

Lenovo Yoga C740シリーズの14.0インチモデルをレビューしていきたいと思います。

レビュー機のスペック

機種名 Lenovo YOGA C740 14インチ
価格 通常価格 192,500円
クーポン価格 102,025円 ~ レビュー機と同等の現行品の価格
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-10510Uプロセッサー
メモリ 16GB
ストレージ 512GB NVMe SSD
グラフィックス CPU内蔵 (インテル HD グラフィックス)
ディスプレイ 14.0インチ フルHD IPS 10点マルチタッチ対応 1920×1080
光学ドライブ なし
質量 約 1.4㎏~ (カタログ値)

Lenovo Yoga C740 (14)のレビュー

Lenovo Yoga C740 (14)はスリムでコンパクトな筐体と360度回転可能なヒンジ、そして最新の高性能なスペックを搭載した、自由な14.0インチモバイルノートパソコンです。

デザイン

Lenovo YOGA C740は天板や底面、キーボードまでガンメタリック調に統一されたスッキリとしたデザインとなっています。

底面側。しっかりとしたゴム足がついていて滑りにくいようになっています。吸気のメッシュは少なめとなっています。

背面側には排気口があります。動画再生などで負荷が高くなってくると、ファンの音が少しするようになります。

LenovoのYOGAシリーズと言えばディスプレイを360度回転させて、タブレットの様に使えるのが特徴のモデルで、レビュー機のYOGA C740も折りたたんでタブレットの様に使うことができました。

中途半端に下り畳んで、動画を見たりするのにも便利なつくりとなっています。

ディスプレイは14.0インチのフルHD IPS液晶ということで非常にきれいな映像となっています。14.0インチのディスプレイは小さいと思いがちですが、15インチとそれほど変わらない使用感で、快適に作業することが出来ますね。

キーボード&タッチパッド

キーボードはテンキー無しの標準的なキー配置とキーピッチのキーボードが搭載されているので、タイピングは不自由なく出来るキーボードとなっています。

ホワイトLEDバックライトが搭載されているので、薄暗いシーンでも使いやすく、見た目もカッコイイキーボードだと感じます。

薄型のノートパソコンなのでストロークは短めですが、タイプミスしづらく使いやすいキーボードとなっています。

タッチパッドはボタン一体型のタッチパッドです。こちらも特筆するほどの使いやすさがあるわけではありませんが、誤タッチなどもなく快適に使えるタッチパッドです。

インターフェイス

右側面。

左側面。

インターフェイスはとても少なく、ほとんどはUSB Type-Cポートから変換して使う必要があります。Type-Cドックと呼ばれる変換アダプターがあると便利ですね。

Lenovo YOGA C740 14にはWi-Fi6にも対応する無線LANが搭載されていますが、手元にWi-Fi6対応の親機が無かったので今回はテストできませんでした。

持ち運び性能

本体は薄さは約14.9mmとスリムで、重量は約1.4kg。360度回転可能なディスプレイヒンジを搭載した14.0インチのコンバーチブルノートPCとしてはとても軽量なモデルとなっています。

バッテリー駆動時間も最大約18.6時間と長時間駆動が可能で、いつも持ち運ぶノートパソコンに非常な要件を満たしているモデルだと感じます。

電源アダプターはややコンパクトですが、Lenovoの他のノートパソコンと変わらないアダプターとなっていて、コンセントからアダプターまでのコードはやや太めです。

Lenovo YOGA C740 (14) の性能

今回のレビュー機は、最新のインテル Core i7-10510Uプロセッサーという非常に高性能なCPUと読み書き速度の非常に速い512GB NVMe SSDを搭載したモデルだったので、Windowsの起動から各アプリケーションの起動などもとても早くて、サクサクとした使い心地で使うことが出来ました。

CPUやストレージの読み書き速度を実際にベンチマークテストで計測してみました。

CINEBENCH

CPUの処理性能を測るCINEBENCH R20では「1428 Pts」というスコアで、ノートPC用のCPUの中でも高い数値となっています。

CrystalDiskMark

ストレージの読み書き速度を測るCrystalDiskMarkでは、連続読み出し速度が3412MB/sという驚くほど速い数値となっています。

データの読み書きが速いとそれだけでノートパソコンがキビキビサクサクと動いてくれるので、一度体感するとやめられなくなります。

Lenovo YOGA C740 (14)の使い心地

実際に1週間使ってみた感想としては、スペックの高さとIPS液晶のきれいなディスプレイで、普段使いは文句なく快適に使うことができました。

Lenovo YOGA C740シリーズの最大の特徴の360度回転可能なディスプレイはシーンに合わせて形を変えることができてとても便利でしたが、さすがに14インチのタブレットは、片手で持つには少し大きいので、使い方は限られるかな?と思いました。

付属のアクティブペンを使うと、紙に書いているような感覚でイラストやメモすることが出来るのですが、その時にはキーボードが邪魔になりますので、折り返して使うと便利だと感じますね。

本体の重量は約1.4kgで、バッテリー駆動時間最大約18.6時間という、持ち運びやすさとバッテリー駆動時間は魅力的ですが、インターフェイスの少なさは、もしかしたら使う人を選んでしまうかもしれませんね。

まとめ

360度回転可能なディスプレイヒンジとアクティブペンを標準搭載した、自由な使い方が出来る14.0インチのモバイルノートパソコンですね。

高性能なスペックと読み書き速度の非常に速いストレージを搭載しているので、普段使いでストレスを感じることはありません。

ディスプレイは高解像度で発色の良いIPS液晶が搭載されているので動画もとても高画質で楽しむことが出来ます。

バッテリー駆動時間の長さも非常に魅力的です。

外出先へ持ち運んで、メモやイラストなどをタッチペンで書きたい方に非常におすすめのモデルだと感じます。

Lenovo Yoga C740 (14)のラインナップ

機種名
Lenovo Yoga C740
アイアングレー
81TC00ANJP
Lenovo Yoga C740
アイアングレー
マイクロソフトオフィス付き
81TC00AKJP
Lenovo Yoga C740
アイアングレー
81TC00ALJP
Lenovo Yoga C740
アイアングレー
マイクロソフトオフィス付き
81TC00AMJP
価格 販売価格 149,380円
クーポン価格
79,171円~ (税込)
販売価格 176,880円
クーポン価格
99,053円~ (税込)
販売価格 192,500円
クーポン価格
102,025円~ (税込)
販売価格 220,000円
クーポン価格
123,200円~ (税込)
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i5-10210U プロセッサー インテル Core i7-10510U プロセッサー
メモリ 8GB PC4-21300 16GB PC4-21300
ストレージ 256GB SSD (PCIe NVMe/M.2) 512GB SSD (PCIe NVMe/M.2)
グラフィックス インテル UHD グラフィックス
ディスプレイ 14.0" LEDバックライト付 FHD IPS液晶 マルチタッチ対応 1920x1080
光学ドライブ なし
指紋センサー あり
ワイヤレス IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n準拠 (Wi-Fi 6対応) + Bluetooth
重量 約 1.4kg
バッテリー駆動時間 約 18.6時間
Lenovo(レノボ)のノートパソコンのすべて
Lenovo(レノボ)の個人向けの「Ideapadシリーズ」や、ビジネス向けの「ThinkPadシリーズ」、2in1ノートパソコンや持ち運びに便利な「Yogaシリーズ」など、シーンや使い方に合わせた様々なかたちのノートパソコンを販売していま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました